県のたより9月号

掲載日:2017年8月31日

KNG Info かながわ県のたより

平成29年9月号
No.749 9月1日発行

県子ども支援課より

すべての子どもたちが夢や希望を描けるかながわへ

平成29年6月に、厚生労働省が発表した日本の子どもの貧困率は13.9%。7人に1人の子どもが相対的貧困、つまり、平均所得の半分以下の所得での生活を余儀なくされています。特に、ひとり親世帯の子どもの貧困率は、50.8%と極めて高い状況にあります。県は、子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることのないよう、そして貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、総合的に子どもの貧困対策に取り組んでいます。

子どもの貧困対策として4つの分野における主な支援

教育の支援

すべての子どもが質の高い教育を受けられるよう、就学の援助、学習の支援、スクールソーシャルワーカーの活用等を推進しています。

生活の支援

生活相談やひとり親家庭の県営住宅への優先入居、安全・安心な子どもの夜間の居場所づくり等を推進しています。

保護者への就労支援

保護者に対する就業等の相談や職業訓練の実施等を推進しています。

経済的支援

児童扶養手当等の各種手当等の支給、資金の貸付等を実施しています。

ひとり親家庭等への支援に重点的に取り組んでいます

母子家庭等就業支援

ひとり親家庭や寡婦の方を対象に、就業や養育費に関する相談・支援を行っています。
問合せ:県母子家庭就業・自立支援センター
[電話] 0466(90)3601
(横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市にお住まいの方は各市のひとり親家庭支援担当課へご相談ください)

職業訓練の「ひとり親家庭優先枠」の設定

県の職業訓練では、母子家庭の母と父子家庭の父の就労を支援するため、全コースの募集定員の約1割に「ひとり親家庭優先枠」を設定しています。
問合せ:県産業人材課   [電話] 045(210)5715

児童扶養手当

父母の離婚、死亡等によって、父または母と生計を同じくしていない児童を育成する家庭に手当を支給しています。
問合せ:県子ども家庭課   [電話] 045(210)4674

カナ・カモミール

ひとり親家庭総合支援情報サイト「カナ・カモミール」

ひとり親家庭の保護者や子どもたちへ、行政やNPO等の支援情報を提供します。児童扶養手当等の各種手当や就業支援制度等の情報をお知らせしています。

カナ・カモミール カナ・カモミール
広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinかながわ開催

全国的に広まる支援活動である「こども食堂」をキーワードに、子どもの支援や地域の中の子どもの居場所づくりについて考えるセミナーを開催します。こども食堂は「こどもが1人でも安心して来られる無料または低額の食堂」として、食事を提供するだけでなく、子どもたち同士で、あるいは地域のさまざまな大人たちと触れ合える交流の場所でもあります。

地域をつなぐこども食堂~子どものための継続的な活動に向けて

こども食堂画像

日   程:10月27日(金曜)13時30分~16時

場   所:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区)

内   容:気まぐれ八百屋だんだん

店主・近藤博子氏による講演、パネル討論

定   員:490人

申込み:こちらかファックスで住所、氏名(ふりがな)、電話番号、

電子メールアドレスを明記し、10月17日までに県子ども支援課

   [電話] 045(285)0728   [ファックス] 045(210)8868へ

【問合せ】   県子ども支援課   [電話] 045(285)0728   [ファックス] 045(210)8868

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。