県のたより1月号

掲載日:2016年12月28日

KNG Info かながわ県のたより

平成29年1月号
No.741 1月1日発行

知事からの新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
新しい年が皆様にとって幸多きものとなりますよう、心からお祈り申し上げます。

   WHO・世界保健機関が作成した世界各国の超高齢社会の進展ぶりを明示した地図があります。2015年の地図では、日本が世界の中でも際立って真っ黒に塗られているのが印象的です。ところが、5 年刻みで未来に向かっていくと、あっという間に世界のあちこちが真っ黒になっていきます。

   今、神奈川県は超高齢社会を乗り越えるために、食・運動・社会参加により病気にならないようにする「未病=ME-BYOコンセプト」を軸に、最先端の医療・技術を融合させたヘルスケア・ニューフロンティア政策を進めています。これにWHOが全面協力を約束してくれたのはなぜか、この地図を見れば一目瞭然です。

   昨年は人生100 歳時代の設計図を描こうと、県民の皆様と対話を重ねてきました。それとともに、シニア起業家応援サロンを設置し、シニアベンチャーを手助けする具体策を打ち出しました。県内の全大学の学長らに対し、シニアの学び直しなど100 歳時代にふさわしい大学の在り方を検討してほしいと要望も行いました。

   ラグビーワールドカップ2019TM、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会も近づいてきました。それに合わせて、たくさんの外国人観光客に神奈川県で楽しんでいただくため、商店街観光ツアー、ミュージカルや伝統芸能で人を引き付けるマグカル、新たな観光の核づくりなど、これまで進めてきた施策を磨き上げ、つないでいく作業に入ります。

   昨年は津久井やまゆり園での悲しい事件が起きました。今年はその悲しみを力に、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を日本全国に一層広めてまいります「いのち輝く神奈川」と私が言い続けてきた言葉の意味を改めてかみしめながら、今年も全力で3 歩先行く神奈川づくりにまい進し、神奈川から経済のエンジンを回してまいります。

神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。