県のたより9月号

掲載日:2016年8月31日

KNG Info かながわ県のたより

平成28年9月号
No.737 9月1日発行

県スポーツ課より

パラスポーツを体験した。ますます応援したくなった。

「友達にも教えてあげたい。とても楽しい時間」
			「挑戦する、勇気を持つ・出すことの大切さを教えてもらった」
			前年参加者の声より

県はパラスポーツを「障がいのある人がするスポーツ」という考え方から一歩進め、「すべての人が自分の運動機能を活(い)かして同じように楽しみながらスポーツをする、観(み)る、支えること=『かながわパラスポーツ』」と捉え、三つの取り組みを推進しています。

パラリンピアンから学びます

「かながわパラスポーツ」を実践します

パラリンピック競技大会を盛り上げます

世界の舞台で活躍するパラリンピアンは、自らの運動機能を限界まで鍛えて、最大限の力を発揮できるように創意工夫し、動く部分をもっと動かせるように努力しています。誰しも、高齢者になれば、どこかの身体機能が衰えていきますので、自らの機能を使ってスポーツをしているパラリンピアンから学ぶべきノウハウはたくさんあります。みんなでパラリンピアンから学び、年齢、障がいなどによって異なる一人ひとりの運動機能を活かして、すべての人がスポーツをすること、それを観ること、支えることは、とても大切なことです。それは心身をより健康な状態に近づけ、「未病を改善する」ことにもつながります。

※パラリンピック選手、出場経験者

「かながわパラスポーツ推進宣言」より

かなパラフェスタがパワーアップして帰ってくる!

「かながわパラスポーツフェスタ2016」

昨年、多くの方にご来場いただいた「かながわパラスポーツフェスタ2015」。パラリンピアンによる講演には「勇気をもらった」「人生に大切なことを学んだ」との声を多数いただきました。

写真:「かながわパラスポーツフェスタ2016」

10月2日(日曜)13時~16時30分   大和スポーツセンター

パラリンピアン講演会13時~

講師:花岡伸和氏(車いすマラソン)

特別ゲスト:リオ2016パラリンピック日本代表

石川丈則選手(車椅子バスケットボール)

パラスポーツ体験

車椅子バスケットボール、
バドミントン、卓球   ほか

10月22日(土曜)13時~16時30分   秩父宮記念体育館(藤沢市)

パラリンピアン講演会13時~

講師:田口亜希氏(射撃)

特別ゲスト:リオ2016パラリンピック日本代表

石井雅史選手(自転車)

パラスポーツ体験

ボッチャ、ゴールボール、
ビームライフル   ほか

◎両日とも12時30分からオープニングイベントあり   ◎いずれも申込不要、入場自由

【問合せ】県スポーツ課   [電話] 045(285)0798   [ファックス] 045(663)0113

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。