県のたより6月号

掲載日:2018年5月31日

KNG Info かながわ県のたより

平成30年6月号
No.758 6月1日発行

知事からのメッセージ「ともに明日へ」

殺処分ゼロからその先へ
~かながわペットのいのち基金がスタート~

   神奈川県動物保護センターでは、平成29年度も「犬と猫の殺処分ゼロ」を継続し、犬は5年、猫は4年連続で「いのち」を守り続けることができました。これはボランティアの皆さんのご尽力なくしては絶対になしえなかったことです。心より感謝しています。

   時には、病気やケガなどで譲渡することが難しい犬や猫が保護されることもあります。しかし、ボランティアの皆さんが大変な苦労をしながらケアを行い、その結果、譲渡に結びついてきました。そんなボランティアの皆さんをサポートするためにも、本年度より「かながわペットのいのち基金」をスタートさせました。

   また、老朽化した動物保護センターを、動物を「処分するための施設」から「生かすための施設」へ転換する再整備についても、来年4月の開設に向け、現在、建設工事を進めています。

   この再整備にあたり、動物保護センター建設基金へのご支援をお願いしていますが、これまでに2億5千万円近くのご寄付をいただきました。多くの皆さまに、改めて感謝申し上げます。

   本来は動物保護センターに保護される犬猫そのものをなくしていくことが最も大事なことです。ペットが迷子になっても飼い主の元へ戻ってこられるよう、マイクロチップを埋め込むなどの対策が必要です。なによりも、ペットは安易な気持ちで飼ってはいけない、最期まで愛情と責任をもって飼い続けていかなければならない、そんな意識を皆さんに持っていただくことが重要です。そんな啓発活動をしっかりと行っていきます。そして、神奈川県は「殺処分ゼロからその先」に向けた取り組みを進め、「ペットのいのちも輝くかながわ」の実現を目指してまいります。

※3ページの「ブッチーコラム」でも動物愛護の取り組みについて紹介しています

かながわペットのいのち基金ロゴ

写真:神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。