県のたより7月号

掲載日:2017年6月30日

KNG Info かながわ県のたより

平成29年7月号
No.747 7月1日発行

知事からのメッセージ「ともに明日へ」

私たちは忘れない~ともに生きる社会の実現を目指して~

   「障がい者はいなくなった方がいい」というとんでもない間違った独善的な考えの下に、19名もの貴重ないのちが奪われ、27名の方々が傷つけられたあの津久井やまゆり園事件から、1年がたとうとしています。県民の皆さんはもとより国民全体に言いようもない衝撃と不安を与えました。

   私は事件後、その凄惨(せいさん)な事件現場跡を目の当たりにしましたが、1年がたとうとしている今でも、その光景は強く目に焼き付いています。犠牲になられた方々や負傷された方々、そして事件に巻き込まれた職員たちがどんなに恐ろしい思いをされたか、想像するだけでも体の震えが収まりませんでした。

   なにより怖いと思ったのは、インターネット上でこんな被告の考えに共鳴する人が存在するという事実でした。こういった流れを絶ち切るため、県議会とともに、昨年10月に「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。今はその理念を広く深く浸透させるため、全力で取り組んでいるところです。

   今年から、事件が発生した7月26日を含む1週間を、「ともに生きる社会かながわ推進週間」と定め、積極的広報を展開することにしました。また、10月には、共生の意味と意義を多くの人とともに体感し、共感することのできるイベント「みんなあつまれ2017」を開催します。また、市町村や団体などが開催するイベントとも連携して、オール神奈川で展開していきます。

   私たちは忘れません。そして、これからもあの事件の悲しみを力にかえて、「ともに生きる社会かながわ」の実現に向けた歩みを揺るぎなく進めてまいります。

写真:神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県知事 黒岩祐治

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。