県のたより11月号

掲載日:2015年10月30日

KNG Info かながわ県のたより

平成27年11月号
No.726 毎月1日発行

県子ども家庭課、県人権男女共同参画課より

配偶者間の暴力(DV)も児童虐待につながります

「もしかして」あなたが救う小さな手

※平成27年度児童虐待防止推進月間(11月)の標語

ママを怒鳴る、パパ。パパを無視する、ママ。その行為は、子どもの心を踏みにじる。

県内の児童虐待相談対応件数は、増加傾向にあります。特に近年、子どもへの心理的虐待の増加が大きな問題となっています。子どもへの言葉による脅しや拒否的な態度だけでなく、子どもの面前での配偶者間の暴力等も心理的虐待になります。配偶者からの暴力を我慢して一人で抱え込むことは、自分自身が傷つくだけでなく、子どもの未来にも悪影響を与えます。まずは相談してください。

児童虐待とは

心理的虐待

◆ 言葉による脅し ◆ 無視 ◆ きょうだい間での差別
◆ 子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV) など

身体的虐待

◆ 殴る蹴る ◆ たたく ◆ 投げ落とす ◆ 激しく揺さぶる
◆ やけどを負わせる ◆ 溺れさせる など

性的虐待

◆ 子どもへの性的行為 ◆ 性的行為を見せる
◆ ポルノグラフィの被写体にする など

ネグレクト

◆ 家に閉じ込める ◆ 食事を与えない ◆ ひどく不潔にする
◆ 自動車の中に放置する ◆ 病気になっても放置する など

児童虐待かもしれないと思ったら!児童相談所全国共通3桁ダイヤル189(いちはやく)

お住まいの地域の児童相談所につながります。

※一部のIP電話からはつながりません。
※通話料がかかります。

心理的虐待件数の推移

H22年度:児童虐待相談対応件数7,466件、心理的虐待件数2,324件、H23年度:児童虐待相談対応件数7,296件、心理的虐待件数2,727件、H24年度:児童虐待相談対応件数8,324件、心理的虐待件数3,484件、H25年度:児童虐待相談対応件数9,838件、心理的虐待件数4,578件、H26年度:児童虐待相談対応件数10,190件、心理的虐待件数4,833件

里親になっていただける方を募集しています。

親の病気や虐待などで
家庭で暮らせない子どもたちに愛の手を

県は、里親家庭の支援の充実を図るとともに、新しく里親になっていただける方を募集しています。本年6月1日には、支援の拠点となる「里親センターひこばえ」を開所しました。あなたも、「里親」という子育てを通じた社会貢献について考えてみませんか。

【問合せ】   県子ども家庭課   [電話] 045(210)4655   [ファックス] 045(210)8868

DVに関する情報

暴力の種類

身体的暴力:
◆ 平手で打つ ◆ 蹴る など

精神的暴力:
◆ 大声で怒鳴る ◆ 脅す ◆ 無視する など

経済的暴力:
◆ 生活費を渡さない
◆ 女性が働き収入を得ることを妨げる など

行動の制限:
◆ 交友関係や電話を細かく監視する など

その他:
◆ 暴力をふるう原因が相手にあると責任を
    転嫁する など

DV相談窓口のご案内(相談無料、いずれも祝日は休み)

女性のための相談窓口

[電話] 0466(26)5550〜1

月曜~金曜の9時~21時/土曜・日曜の9時~17時

[電話] 0466(27)9799   毎日9時~17時

男性被害者相談窓口

[電話](0570)033103

月曜~金曜の9時~21時

DVに悩む男性のための相談窓口

なやみなしよ

[電話](0570)783744

月曜・木曜の18時~21時

秘密厳守・匿名可。緊急時(命の危険を感じた時など事件発生時)は110番へ。

【問合せ】   県人権男女共同参画課   [電話] 045(210)3640   [ファックス] 045(210)8832

県のたより11月号トップに戻る

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 広報県民課 です。