県のたより5月号

掲載日:2020年4月30日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年5月号
No.781 5月1日発行

県資源循環推進課より

今だから考えたい、プラごみのこと

毎日の買い物だからこそ、最近はマイバッグが欠かせません。—荒堀烈彦 主事

7月から、レジ袋は有料になります。

レジ袋やペットボトルなど、私たちの生活の一部となっている便利なプラスチック。一方で、ポイ捨てされたプラごみは、海洋汚染など世界規模の環境問題につながっています。7月からコンビニやドラッグストアなどで配布されるレジ袋の有料化がスタートします。「本当に必要なのか」、この機会に私たちの生活を見直してみませんか。

プラごみゼロに向けて、今日からできる取り組み

3分別でリサイクル!

▶︎ マイバッグ・マイボトルを持とう

使い捨てプラを見直せば、環境にやさしい暮らしに。

▶︎ ペットボトルを「3分別」しよう

しっかりと分別して、リサイクルしましょう。

▶︎ 街で川で海で、クリーン活動に参加しよう

街のごみは川を通じて海へ流れてしまいます。
次の世代に豊かな自然を引き継ぎましょう。

詳しくは県ホームページかながわプラごみゼロ宣言か問合せ

かながわプラごみゼロ宣言、私たち一人ひとりの行動が未来につながる。SDGs未来都市神奈川県

QR:県ホームページかながわプラごみセロ宣言

【問合せ】県資源循環推進課   [電話] 045(210)4147   [ファックス] 045(210)8847