県のたより3月号

掲載日:2020年2月28日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年3月号
No.779 3月1日発行

県共生社会推進課より

ともいきバトン   vol.11

ともに生きる

このコラムでは、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念に
共感していただいている方々のメッセージをご紹介しています。

|今月は、東京ガス株式会社神奈川支社の増田和代さんに伺いました!|

東京ガス株式会社神奈川支社の増田和代さん

木村敬一選手に応援メッセージを渡す
東京ガス株式会社神奈川支社の
増田和代さん(左)

共生社会実現に向けて

東京ガス株式会社神奈川支社では、県と包括協定を締結し、「共生社会の推進」に関する連携項目を定め、具体的な取り組みを推進しています。その一つとして、東京ガス社員が障がい者への理解を深め、業務に生かすことを目的とした、「障がい者理解促進研修」を12月に開催しました。また当社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)として、東京2020大会を「共生社会実現」へのきっかけと捉え、さまざまな取り組みを進めています。障がい者スポーツへの興味を深め、多様性を理解するため、当社所属アスリート(パラ水泳)の木村敬一選手をはじめとする、障がい者スポーツの観戦や、体験の機会を提供しています。

東京ガス株式会社ホームページ

東京ガス株式会社ホームページ共生社会の取り組み:一人ひとりの心の支援がつくる「共生社会」

ロゴ:ともに生きる社会

ともに生きる社会 かながわ憲章

平成28年10月14日   神奈川県

一   私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします

一   私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します

一   私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、いかなる偏見や

差別も排除します

一   私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

かながわ憲章で検索

平成28年7月26日、障害者支援施設である県立「津久井やまゆり園」において、大変痛ましい事件が発生しました。このような事件が二度と繰り返されないよう、県と県議会は、この悲しみを力に、断固とした決意をもって、ともに生きる社会の実現をめざし、「ともに生きる社会かながわ憲章」を定めました。

【問合せ】県共生社会推進課   [電話] 045(210)4961   [ファックス] 045(210)8854