県のたより3月号

掲載日:2020年2月28日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年3月号
No.779 3月1日発行

県総務危機管理室・県環境計画課・県エネルギー課・県企業庁発電課・県SDGs推進課より

かながわ気候非常事態宣言   基本となる3つの柱

気候変動宣言の県ホームページ

宣言の全文は気候変動宣言の県ホームページをご覧ください。

1

今のいのちを守る ~風水害対策等の強化 「神奈川県水防災戦略」の推進

毎年繰り返す、また近い将来に頻発化・激甚化が懸念される大規模水害に備えるため、水防災戦略を策定。「水害からの逃げ遅れゼロ」「県民のいのちを守り、財産・生活等への被害の軽減」を目指します。
ハード面では、緊急対策に加え、中長期的な対策も加速させます。ソフト面では、住民の避難対策や災害対応力の強化に取り組みます。

主な取り組み

河川の緊急対応

氾濫の危険性が特に高い区間等について、堆積土砂の撤去や樹木の伐採等

河川の緊急対応

土砂等の流出を防ぐ治山工事

計画的な予防治山や流木対策を実施

土砂等の流出を防ぐ治山工事

災害対応力の強化

防災関係機関が救出救助活動等に使用する資機材の充実等

災害対応力の強化

【問合せ】県総務危機管理室   [電話] 045(210)3418   [ファックス] 045(210)8829

2未来のいのちを守る ~2050年の「脱炭素社会」実現に向けて

気候変動の要因となる地球温暖化を食い止め、未来のいのちを守る取り組み。
再生可能エネルギーの利用拡大や省エネルギー対策の推進、森林整備など二酸化炭素吸収源対策の推進等により温室効果ガスの削減を進め、2050年の「脱炭素社会」の実現を目指します。

主な取り組み

県有施設の再生可能エネルギー使用100%へ

企業・自治体等が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思を示し、行動する新たな枠組み「再エネ100宣言 RE Action」に参加し、取り組みを推進します。

「アクアdeパワーかながわ」で環境施策を推進

「アクアdeパワーかながわ」とは…

東京電力エナジーパートナー株式会社が、県の水力発電による電気の環境価値分を料金に上乗せして、県内企業等へ販売。そして、環境価値分の収入(年間最大約4,000万円)を、環境学習など県の環境施策に活用する仕組みです。

「かながわスマートエネルギー計画」の推進

太陽光をはじめとする再生可能エネルギー等の導入加速化や、水素エネルギーなど分散型電源の導入拡大、省エネルギーの促進等に取り組みます。

【問合せ】

再エネ100宣言ほか県の環境施策については県環境計画課   [電話] 045(210)4065   [ファックス] 045(210)8952

かながわスマートエネルギー計画については県エネルギー課   [電話] 045(210)4076   [ファックス] 045(210)8845

アクアdeパワーかながわについては県企業庁発電課   [電話] 045(210)7294   [ファックス] 045(210)8904

3気候変動問題の共有 ~みんなで考え、行動しよう

新たな環境学習教材の充実や、セミナーの開催等を通じ、県民の皆さんや企業・アカデミア・団体等と、気候変動問題について理解を深め、認識を共有していきます。ハザードマップの確認や環境にやさしい取り組みへの挑戦など、私たち一人ひとりができることを、みんなで考え、ともに行動していきましょう。

今のいのちを守るため

ハザードマップを入手し、避難場所・避難経路を確認しよう

3日分の食料・飲料を備蓄しよう

ご家族同士の安否確認方法や集合場所を事前に決めよう

災害用伝言ダイヤルの県ホームページ

災害用伝言ダイヤル
(県HP)

未来のいのちを守るため

主電源をこまめに切ろう

植栽をしよう

買い物にはエコバッグを持参しよう

使い捨てより長く使えるものを選ぼう

LED電球に替えよう

公共交通機関を利用しよう

【問合せ】県SDGs推進課
   [電話] 045(285)0908
   [ファックス] 045(210)8865