県のたより3月号

掲載日:2020年2月28日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年3月号
No.779 3月1日発行

県SDGs推進課より

かながわ気候非常事態宣言

Himawariー8

「令和元年台風第19号」(気象庁ホームページより)

地球の気候は、今まさに「非常事態」です。

令和元年10月17日城山ダム視察にて
詳しい取り組みについては2面

   オーストラリアでは高温ゆえの森林火災が各地で発生し、すでに日本列島の半分の面積が消失したといいます。これが地球温暖化にどれほど大きな影響を与えるかを考えると、地球はすでに持続不可能な悪循環に陥ってしまったのではないかと心配になってしまいます。

   昨年の台風19号の衛星写真を改めて見て下さい。いかに巨大な勢力だったかが分かります。県内にも甚大な被害をもたらしましたが、今の地球の異常な気象からすれば、今後はこういった規模の台風が毎年襲ってくるという前提でさまざまな災害対策を考え直さなければなりません。

   こうした危機感を県民の皆さまと共有し、ともに行動していくことを目的に、「かながわ気候非常事態宣言」を発表しました。この宣言をもとに、風水害への対応力を強化する「神奈川県水防災戦略」を取りまとめました。2050年の「脱炭素社会」の実現に向けた取り組みも着実に進めていきます。

   「誰一人取り残さない」というSDGsの理念のもと、市町村と連携し、「いのちを守る持続可能な神奈川」を目指してまいります。

神奈川県知事 黒岩祐治

私たち一人ひとりの行動が、未来につながる。SDGs未来都市神奈川県

【問合せ】県SDGs推進課   [電話] 045(285)0908   [ファックス] 045(210)8865