県のたより2月号

掲載日:2020年1月31日

KNG Info かながわ県のたより

令和2年2月号
No.778 2月1日発行

県保健体育課より

「県立スポーツセンター」   4月1日リニューアルオープン!

「県立体育センター」から「県立スポーツセンター」へ

4月1日(水曜)リニューアルオープン!

県立スポーツセンター

新たな県民のスポーツ推進拠点として、昭和43年の開設以来親しまれてきた「県立体育センター」が、「県立スポーツセンター」に生まれ変わります。屋内50メートルプールやバリアフリーを施した多目的フロア(スポーツアリーナ2)、全室車いす対応の宿泊棟も新設され、生涯スポーツ・パラスポーツ・競技スポーツなどさまざまなシーンで利用できます。

生涯スポーツの推進

施設内の段差を少なくするなど、子どもからお年寄りまで県民の誰もがスポーツに親しめるような施設を整備。

パラスポーツの推進

さまざまなパラスポーツに対応したフロアを備えたスポーツアリーナ2や、全室バリアフリー対応の宿泊棟なども整備。

充実した設備・機能

大規模な大会の開催や東京2020オリンピック・パラリンピック事前キャンプにも活用できる、充実した設備を整備。

県民スポーツ推進の新たな拠点として。

スポーツアリーナ1

(1)スポーツアリーナ1

バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどの室内競技のほか、専用マット等を準備すれば体操などでも活用できるメインフロアがあります。

※施設点検のため、利用開始時期は未定

スポーツアリーナ2 NEW

(2)スポーツアリーナ2

メインフロアをはじめ屋内50メートルプールやトレーニングルーム、パラスポーツに配慮した多目的フロアを備えます。ボクシング、フェンシング、ウエイトリフティングの専門競技種目の練習場も整備しました。

陸上競技場

(3)陸上競技場

全天候に対応できる1周400メートル8レーンのトラックと約5,200人を収容できる観覧席が設置されています。メインスタンドが改築され、バックスタンド(芝生)の一部も階段式スタンドになっています。

宿泊棟 NEW

(4)宿泊棟

宿泊室42部屋全室に、車いすのままで利用可能なユニットバスを完備。レストランやラウンジも併設しており、数日にわたる大会や合宿等に対応できます。

補助競技場

(5)補助競技場

1周300メートルの補助トラックには全天候型舗装が施されました。新たにフットサルコートを2面設置しています。フットサルコートはナイター用の照明設備を備え、日没後も使用することが可能です。

球技場1・2

(6)(7)球技場1・2

球技場2は従来のクレーグラウンドをリニューアルし、人工芝グラウンドに改修。天然芝の球技場1と併せて2つの球技場が整備されました。球技場1には、970人を収容できる観覧席があります。

※写真は球技場2(人工芝)

テニスコート

(8)テニスコート

8面のクレーコートをすべて砂入り人工芝のコートに改修。ナイター利用も可能な照明設備や更衣室も備えています。テニスを心ゆくまで楽しめ、誰もがより利用しやすい環境が整いました。

ハードワークができる環境で自分のプレーの幅を広げていきたいと思います。神奈川のスポーツを共に発展させ、東京2020パラリンピックでは共に戦いましょう!

古澤拓也 選手

(車いすバスケットボール)

横浜市出身、桐蔭横浜大学在学、23歳。
藤沢市で活動するパラ神奈川SCに所属。
2017年U23世界選手権4位(個人賞受賞)
2018年アジアパラ競技大会2位

※平成28年度から令和元年度
県パラリンピアン育成事業助成対象アスリート

パラ神奈川SC提供

※写真は一部イメージです

スポーツセンター施設見学会

新しくなった施設を、利用前に見学いただけます!

日時:3月28日(土曜)13時から15時

※一部事前申込、定員・申込方法等
詳しくは県立体育センター公式ホームページをご覧ください

問合せ:県立体育センター

[電話] 0466(81)2570

2月1日より
ホームページ「e-kanagawa 施設予約システム」で利用申込を順次受け付けています。

※一部施設を除く

QRコード:e-kanagawa施設予約システム

詳しい施設の概要や、利用申込方法等は
県立体育センター公式ホームページ

県立スポーツセンター(現:県立体育センター)

所在地:藤沢市善行7-1-2

交通:小田急線善行駅から徒歩7分

問合せ:[電話] 0466(81)2570

アクセスマップ

【問合せ】県保健体育課   [電話] 045(210)8305   [ファックス] 045(210)8939