県のたより11月号

掲載日:2019年10月31日

KNG Info かながわ県のたより

令和元年11月号
No.775 11月1日発行

県共生社会推進課より

ともいきバトン   vol.7

このコラムでは、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念に共感していただいている方々のメッセージをご紹介しています。

|今月は、県内プロバスケットボールクラブ川崎ブレイブサンダースの辻󠄀直人選手に伺いました!|

川崎ブレイブサンダース辻󠄀直人選手

川崎ブレイブサンダース
辻󠄀直人選手

神奈川から全国へ、思いやりと助け合いの心。

津久井やまゆり園事件には衝撃を受けました。決して今後このような事件が起きないように病気や障がいというくくりではなく、すべての人が一緒になってお互いを尊重しあうことが大事だと思っています。それにより、自然と相手への思いやりや助け合いの精神が生まれると思います。すべての人が助け合うことができるよう、僕個人としてもプレー以外でもいろいろな活動をしていきたいと思っています。この神奈川から助け合いの活動や思いやりの気持ちを全国に広め、発信していきましょう!

公式ホームページQRコード

川崎ブレイブサンダースの詳しい情報はこちらをご覧ください!

ともいき憲章

ともに生きる社会 かながわ憲章

平成28年10月14日   神奈川県

一   私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします

一   私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します

一   私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、いかなる偏見や差別も排除します

一   私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

平成28年7月26日、障害者支援施設である「津久井やまゆり園」において、大変痛ましい事件が発生しました。県と県議会は、このような事件が二度と繰り返されないよう、ともに生きる社会の実現をめざすため、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。

QRコード:ともに生きる社会 ともに生きる社会で検索

【問合せ】県共生社会推進課   [電話] 045(210)4961   [ファックス] 045(210)8854