県のたより10月号

掲載日:2019年9月30日

KNG Info かながわ県のたより

令和元年10月号
No.774 10月1日発行

県共生社会推進課より

ともいきバトン   vol.6

このコラムでは、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念に共感していただいている方々のメッセージをご紹介しています。

|今月は、NPO法人湘南バリアフリーツアーセンターの宍戸かつ子さんに伺いました!|

同法人理事の宍戸かつ子さん(左)

同法人理事の宍戸かつ子さん(左)

車椅子で、川崎ハロウィンを楽しむ!!!

2018年10月に車椅子で川崎ハロウィンパレードに初参加しました。あの大きな川崎のハロウィンパレードに車椅子で参加することができる!!躊躇(ちゅうちょ)する気持ちよりも、参加できることにビックリ!ただ、車椅子での着替え、移動、トイレなど、考えなければならないことも多くなります。最初はとても心配でした。しかし、実際参加してみたら、案外いける!同じ目的で動いている仲間たちだからか、しっかりと車椅子ユーザーを確認、対応してくれる!もっと多くの車椅子ユーザーが参加しても良いのではないかとさえ思いました。川崎ハロウィンパレードに参加することで強く感じたことは「私たち車椅子ユーザーがどんどん多くの方々の目に見える場所に行き、会話することで障害があることの不便さや手を貸して欲しいことなども理解していただけるのではないか」ということです。もっと「車椅子だとできないかもしれない」と思うような場所にも出ていき、色んな人と関わっていきたいと思います。

ともいき憲章

ともに生きる社会 かながわ憲章

平成28年10月14日   神奈川県

一   私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします

一   私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します

一   私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、いかなる偏見や差別も排除します

一   私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

平成28年7月26日、障害者支援施設である「津久井やまゆり園」において、大変痛ましい事件が発生しました。県と県議会は、このような事件が二度と繰り返されないよう、ともに生きる社会の実現をめざすため、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。

QRコード:ともに生きる社会 ともに生きる社会で検索

【問合せ】県共生社会推進課   [電話] 045(210)4961   [ファックス] 045(210)8854