県のたより10月号

掲載日:2019年9月30日

KNG Info かながわ県のたより

令和元年10月号
No.774 10月1日発行

県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室・県健康増進課より

ハマの番長こと三浦大輔氏が 「未病番長」に就任。

かながわの未病改善について全力投球で、発信していきます!

未病(ME-BYO(ミビョウ))。それは私がずっと提唱してきた、超高齢社会を乗り越えるためのキーワードです。健康と病気を連続性の変化で捉える考えで、県では10月を「未病月間」と定めています。そして、9月から11月にかけて各地で未病関連イベントを開催しますが、未病改善ヒーロー・ミビョーマンも活躍します。また、「ハマの番長」こと三浦大輔さんに「未病番長」に就任していただきましたので、その発信力にも期待しています。そして、11月には3回目となる国際シンポジウム「未病サミット」が箱根と横浜で開催されます。2年前の前回からの宿題であった、未病の状態や将来の疾病リスクを数値で見える化する「未病指標」のモデルが提示される予定です。WHO(世界保健機関)と協同で進めてきた研究成果に大きな期待が集まっています。ぜひ、皆さんもこの機会に未病(ME-BYO)を自分ごととして捉え、お一人おひとり、食・運動・社会参加を柱とする未病改善の主体的な取り組みを始めてください。そしてみんなで健康長寿を目指していきましょう!

神奈川県知事 黒岩祐治

未病番長ヨロシク!!

三浦大輔:1973年生まれ。
横浜DeNAベイスターズ一軍投手コーチ。通算奪三振数日本プロ野球歴代9位。トレードマークはリーゼント。

ME-BYOサミット神奈川2019

国際シンポジウム「ME-BYO(ミビョウ)サミット神奈川2019」

国内外の有識者が、未病コンセプトに基づく持続可能な新たな社会システムの実現に向けて、幅広い議論を行います。3回目を迎える今年は、横浜会場で一般の方も参加できるシンポジウムを開催。世界が注目するME-BYOの最前線に、参加してみませんか。

日程:

11月13日(水曜)湯本富士屋ホテル(箱根町)
14日(木曜) パシフィコ横浜(横浜市西区)   定員:1500人

申込み:

電話かこちらで11月9日までに同事務局 [電話] 03(6812)8659へ

未病サミットで検索
未病改善ヒーローミビョーマン、10月は未病月間、神奈川県内全域で健康関係のイベントが盛りだくさん!

県内各地で「未病」を体験!

未病月間を中心に、県内各市町村と連携し、未病についての普及啓発などを行っています。
※詳しくはこちらか問合せ

県民フォーラム

講演会やトークショーを中心とした未病改善の体験イベントを実施。

ME-BYOキャラバン

県内各所のイベントで体験ブースを出展。未病を学び、体験できます。

今年度新たに3件が認定!ME-BYO BRAND

未病の”見える化”と改善が期待できる、特に優れた商品・サービスを認定している「ME-BYO BRAND」。ますます広がる未病産業も、見逃せません。

KANAGAWA ME-BYO BRAND

ME-BYO(未病)とは

人の心身の状態は、「健康」と「病気」を明確に区別することはできません。その間を連続的に変化する過程を「未病」といいます。日ごろから、食・運動・社会参加の3つを意識して、未病改善に取り組むことが大切です。

健康→未病→病気

【問合せ】
国際シンポジウムおよび未病月間については
県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室   [電話] 045(210)2715   [ファックス] 045(210)8865
未病番長の取り組みについては
県健康増進課   [電話] 045(210)4746   [ファックス] 045(210)8857