県のたより9月号

掲載日:2019年8月30日

KNG Info かながわ県のたより

令和元年9月号
No.773 9月1日発行

  • 令和の神奈川が見えてきた。

四季折々のかながわ(投稿写真)

「逗子海岸の夕陽(ゆうひ)」

写真をクリックすると拡大されます。

逗子海岸の夕陽(ゆうひ)

(写真:横浜市・谷藤 麗月さん)

夕陽によってきらきらと輝く海。日光のあたたかさ。
波打つ音と潮風の音。
五感で逗子海岸のさまざまな良さを感じることができます。
(平成30年9月撮影)

■場所:逗子海岸(逗子市)

県内で発生する結核患者の約半数が70歳以上の高齢者です。

シールぼうや

9月24日から30日は結核予防週間です。

結核の早期発見のため、定期的に健康診断を受けましょう。

気づいてください!
体と心の限界サイン

孤立しない地域づくりかながわ

9月10日から16日は自殺予防週間です。

県動物愛護センターPR大使 ブッチーからのお願い

ブッチーコラムこちらをクリック

エンターテインメントレストラン「浮世絵カフェ」

パフォーマンス集団「白A(しろエー)」によるデジタル映像とノンバーバル(非言語)パフォーマンスが融合した公演を楽しめる「浮世絵カフェ」がオープン!

神奈川文化プログラムマグカル、大谷鬼次

場所

神奈川県民ホール6F 英一番館内

※公演時間、料金等詳しくはこちらをご覧ください

浮世絵カフェで検索

【問合せ】県文化課
[電話]045(285)0220

いよいよラグビーワールドカップ2019™開催

横浜とラグビーの歴史

横浜とラグビーの歴史は古く、横浜開港後、楕円(だえん)形のボールを持ち込んだ西洋人が1866年1月「横浜フットボールクラブ」を設立。英国ラグビーミュージアムは、このクラブがアジア最古のラグビークラブであると認め、1873年に横浜公園でラグビーを楽しむ様子を描いたものとして下記イラストが英国雑誌に掲載されました。
こうした史実をふまえ、県ラグビーフットボール協会が中心となって「ラグビー発祥地 横浜」記念碑建立協議会を結成し、晴れて9月5日に横浜中華街・山下町公園にて建立除幕式を実施します。横浜に新たなスポットが誕生。ここからラグビーと横浜の関わりを知ることができます。
(同協会記念碑建立事務局長・長井勉氏)

The Graphic (1874.4.18)

出典「The Graphic (1874.4.18) 」

【問合せ】県スポーツ課
[電話]045(285)0730

編集・発行  〒231-8588 横浜市中区日本大通1  [電話] 045(210)1111(代表)
神奈川県  政策局 知事室  [電話] 045(210)3662   [ファックス] 045(210)8834

県のたよりの感想を、
e-かなネットアンケートに
お寄せください。

「県のたより」は、地域、年代を問わず、県政情報を広く県民の皆さんにお届けするため、毎月発行している県の広報紙です。皆さんに、より一層親しんでいただき、ご利用いただける紙面づくりをめざして毎月アンケートをこちらで実施しています。ぜひ、ご協力をお願いします。

「県のたより」広告募集のご案内

広報紙「県のたより」には、発行経費の一部に充てるため有料広告を掲載しています。申込み・問合せは「広告募集」ページへ。