項目の取り扱いについて



月報におけるコード表示について
データが取得できない理由をコード表示しています。
詳細は、欠測コード表をご覧ください。

1時間値について
各項目は、以下の例外を除き、0分からの60分間の積算値を次の時刻の1時間値として表示しています。(8時0分からの積算値を9時の1時間値とする。)

窒素酸化物
一酸化窒素と二酸化窒素を測定し、その合計を窒素酸化物として表示しています。

全炭化水素
非メタン炭化水素(メタン換算)とメタンを測定し、その合計を全炭化水素(メタン換算)として表示しています。

風向、風速
毎時50分からの10分間の平均値を次の時刻の1時間値として表示しています。
なお、風向のCALMとは、風速0.4m/s以下を指しています。

換算風速
各測定局の測定位置が異なるため、参考として地上20mの風速に換算し、比較・表示しています。
計算に用いたべき指数は、0.25です。
換算風速=測定した風速×(20/測定局の風速計の高さ)0.25

風向風速計の高さ
各測定局の設置位置については、当該年度の 「神奈川の大気汚染」 をご覧ください。
また、測定局の属性についても、当該年度の 「神奈川の大気汚染」 を確認してください。
温度差について
立体局は、測定器を設置してある高さによって温度を測定するか、温度差を測定しています。
温度差計を設置している高さでは、基準の高さの温度に、測定した温度差を加えることでその高さにおける温度として表示しています。
TVK鶴見:基準高さ52m、温度差計設置高さ:15m、89m、125m
TVK平塚:基準高さ10m、温度差計設置高さ:48m



月報ダウンロードページに戻る