災害時・緊急時

地震のページ地震から身を守るための10カ条

1.まず身の安全を


頑丈な机の下に ケガをしたら火の始末や避難行動に支障が生じます。家具類などの転倒・移動防止対策をしておくことが肝心です。



2.すばやく火の始末


余裕があればガスの火を消す ふだんから習慣づけておくことが大切です。火元付近に燃えやすいものを置かないようにしましょう。
 


戸をあける

3.戸を開けて出口を確保


 とくにマンションなどの中高層住宅では、出口の確保が重要です。逃げ口を失ったら避難ができません。

4.火が出たらすぐ消火


初期消火が大事 もし火災が発生しても、天井に燃え移る前ならあわてずに初期消火に努めましょう。消火用具の備えは忘れずに。


落下してくるガラスや看板に注意

5.外へ逃げるときは、あわてずに


 あわてず落ち着いた行動をとりましょう。逃げるときは、瓦やガラス、看板などの落下に注意しましょう。

6.狭い路地やブロック塀には近づかない


ブロック塀が倒れてくることも 屋外にいたら、公園などに避難しましょう。落下物やブロック塀の倒壊の危険区域には近寄らないようにしましょう。


7.山崩れ、がけ崩れ、津波に注意


 北海道南西沖地震では、津波が大災害を招きました。住宅地の自然環境をよく知っておくことが、二次災害防止には大切です。

8.避難は徒歩で


 避難先までは、複数の経路が必要です。むやみに避難せず、自主防災組織などの指示でまとまって(団体で)行動しましょう。

9.協力しあって応急救護

ケガをした人の手当てを
 多数の負傷者が出れば病院などでの手当にも限界があります。地域ぐるみでの応急救護の体制づくりが大切です。

10.正しい情報を聞く

ラジオで正確な情報を
 事実は一つ。ラジオや市町村、自主防災組織などからの正しい情報をつかみ、的確な行動をとりましょう。

参照