避難所で生活するのは大変不自由なことです。ストレスや疲労から体調を崩してしまうこともあります。

身体を動かそう 支援してくれる医師や看護師といった専門家やボランティアの協力を得て、避難者同士が助け合って避難所を運営し、一人ひとりの心身の健康を保つよう努めましょう。


※ 過去の災害では、避難生活中に、生活不活発病やエコノミークラス症候群になる方が出ています。このことを防ぐために身体を動かすことに心がけましょう。



避難所とその運営に関する留意点

避難所のマーク
  1. 避難所は市町村が指定している場所に設営されます。
  2. リーダーを選任しましょう。(できる限り事前に決めておきましょう)
  3. 避難者同士で相談して、食事、トイレ掃除、水汲みなど作業分担を決め、掲示板等により全員に徹底しましょう。
  4. ボランティアに任せきりにしないようにしましょう。
  5. 高齢者の方々や子供のスペースや食事を優先しましょう。
  6. 着替えスペースなど、プライバシーの確保にも努めましょう。
(右上のイラストは避難所のマーク)