意見募集(パブコメ)

神奈川県では、県民生活に広く影響を与える「(1)県の重要な計画・施策等の案」や「(2)規則等の案」を公表し、広く意見を求める「かながわ県民意見反映手続」(いわゆる「パブリック・コメント(パブコメ)」)を実施しています。

なお、その他の意見募集として、「かながわ県民意見反映手続」の定めが適用されない案件に関する県民意見募集も併せて実施しています。

また、県政に関するご意見は「わたしの提案(神奈川県への提言)」からお寄せください。

「パブリック・コメント(パブコメ)」とは

パブリック・コメントとは、行政機関が政策の立案や規則の制定等を行おうとする際にその案を公表し、この案に対して広く意見等を提出する機会を設け、提出された意見等を考慮して意思決定を行う制度(手続)です。
具体的には、まず、「案の公表」と「それに対する意見募集」を行います。それから、「提出された意見」と「それに対する県の考え方の公表」を行います。
神奈川県では、平成13年4月から「かながわ県民意見反映手続要綱」に基づき、計画・施策を中心にパブコメを実施してきましたが、平成18年4月に施行された改正行政手続法により、国においては政省令などの命令等を定める際にパブコメを実施することとされ、地方公共団体も同様の措置を講じるよう努めなければならないこととされました。このことを受け、本県では、この「かながわ県民意見反映手続要綱」を改正し、平成19年4月から県の規則等を定める際の意見募集についても、より充実した運用を図っていくこととしました。

かながわ県民意見反映手続要綱はこちらからご覧いただけます