県立がんセンター重粒子線治療支援事業     ― 県民の方を対象とした利子補給制度・専用ローンを創設します ―

掲載日:2016年1月27日
平成28年1月27日
記者発表資料

1 利子補給制度について 

   県では、昨年12月に治療を開始した県立がんセンターの重粒子線治療について、県民の負担を軽減するための支援事業に
  取り組んでいます。
   現在、治療費の一部を助成(上限35万円)することとしていますが、このたび、より多くの県民の方が重粒子線治療を受
  けやすくなるよう、治療費を金融機関から借り受ける場合の利子補給制度を創設することとしました。

  

【重粒子線治療費利子補給制度】

  県内に1年以上在住する患者の方が県立がんセンターの重粒子線治療を受けるための治療費を金融機関から借りる場合、その利子を補給します。
 ○対 象  患者さん本人のほか、親族及び同一の世帯に属する方
 ○補給額  治療費に係る金融機関の「重粒子線専用ローン」の借入利子
       ・借入上限額315万円、借入期間7年以内、利率6%以内
       ・県と金融機関との協定に基づく専用ローンからの借入れを対象とします。
 ※この制度は、平成28年度県予算の県議会における議決後、正式に実施を決定します。

 2 重粒子線治療費の専用ローンについて

    利子補給制度の開始にあたり、横浜銀行、スルガ銀行の2行からご協力をいただき、「重粒子線治療に係る協力協定」
   を締結して、重粒子線治療費の専用ローンの創設等について連携して進めていくこととなりました。本日、協定の締結式
   を行いますので、併せてお知らせします。

【協定締結式】
○日 時  1月27日(水曜)16時から16時20分
○会 場  県庁本庁舎3階 第2応接室
○出席者  株式会社横浜銀行 寺澤 辰麿 代表取締役頭取 
              スルガ銀行株式会社 岡崎 吉弘 専務取締役
      神奈川県 黒岩 祐治 知事

参考資料
  資料1 神奈川県重粒子線治療費利子補給制度について [PDFファイル/101KB]
  資料2 県立がんセンター重粒子線治療費専用ローンの概要 [PDFファイル/7KB]

(問合せ先)
神奈川県保健福祉局保健医療部県立病院課
  • 課長
  • 橋本
  • 電話 045-210-5040
  • 病院機構グループ
  • 埋橋
  • 電話 045-210-5047

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 県立病院課 です。