‐公募型「ロボット実証実験支援事業」‐ 生活支援ロボットの実証実験を行います!!

掲載日:2016年1月25日
平成28年1月25日
記者発表資料

さがみロボット産業特区

 神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。

 生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集して、採択された企画の実施を支援する公募型「ロボット実証実験支援事業」の中から、次の実証実験を行うこととしましたのでお知らせします。

◎実施概要

【実証実験1】 バイタル感知センサー(株式会社ミオ・コーポレーション(神奈川県相模原市))

ロボットの概要

  • バイタル感知センサーマイクロ波を照射して、被介護者の体表の動き(運動量)をセンシングし、脈拍・呼吸に選別して計測します。
  • 脈拍・呼吸の異常や離床を検知した場合は、介護者に通知することも可能です。

(写真提供:株式会社ミオ・コーポレーション)

実証の概要

非公開  取材については、お問い合わせ先にご連絡ください。

日時

平成28年1月26日(火曜日)から平成28年1月31日(日曜日)
※上記日程の中で順次実施します。

場所

株式会社学研ココファン
サービス付き高齢者向け住宅 ココファンさがみ野(綾瀬市大上4-15-23)

内容
  • 体表の動きから脈拍・呼吸を抽出するには、対象者ごとに最適と思われる設定値(パラメーター)を調整し、計算処理を行う必要があります。
  • この最適な設定値を求めるプロセスの短縮化もしくは自動化を図るため、実証実験において複数の高齢者のデータを収集し、それぞれの設定値を洗い出して共通点などを検証します。
  • また、本センサーで取得した体表の動きと行動記録表の記載を比較し、計測の正確性を確認します。

 【実証実験2】 屋内移動支援ロボット(株式会社安川電機(埼玉県入間市))

ロボットの概要

  • 屋内移動支援ロボット屋内での移動(特にトイレ)の際に必要となる動作をサポートします。
  • 立ち座りアシスト機能、自動ブレーキ機能、コンパクト旋回機能、操縦機能などを搭載しています。

(写真提供:株式会社安川電機)

実証の概要

非公開  取材については、お問い合わせ先にご連絡ください。

日時

平成28年2月1日(月曜日)から平成28年2月10日(水曜日)

※上記日程の中で順次実施します。
場所

株式会社学研ココファン

サービス付き高齢者向け住宅 ココファン愛甲石田(伊勢原市石田713) ほか
内容
  • 高齢者に、普段の「立ち上がり」「座り込み」「屋内歩行」「旋回」の要素動作を実演いただき、その後、本機の機能を使用して同じ要素動作を実演いただきます。
  • 本機の機能を使用することにより、各動作の筋力負担、姿勢負担などがどの程度軽減されたと感じるかヒアリングを行い、結果を次機種の開発に活かします。

【実証実験3】 排泄の自立支援を行う水洗トイレロボット(積水ホームテクノ株式会社(大阪府大阪市))

ロボットの概要

  • 排泄の自立支援を行う水洗トイレロボット居室内で設置・使用することができ、移乗・姿勢保持を補助する可変式アームレストや移動キャスタも備えます。
  • リモコン操作でポンプ駆動と電磁弁の開閉を行い、汚水・臭気を真空式排出。また、「大」「小」ボタンの操作記録も可能です。

(写真提供:積水ホームテクノ株式会社)

実証の概要

非公開  取材については、お問い合わせ先にご連絡ください。

日時

平成28年2月16日(火曜日)

場所

相模原市立 市民・大学交流センター

ユニコムプラザさがみはら(相模原市南区相模大野3-3-2)

内容
  • プロダクトデザイナー、理学療法士などに、従来の試作機と新しい試作機の双方を使用し移乗などの要素動作を試していただきます。
  • 使いやすさなどについてヒアリングを行い、結果を次機種の開発に活かします。

(問い合わせ先) 
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
課長     
 依田 電話 (045)210-5630(直通)
技術開発推進グループ      
 廣井 電話 (045)210-5646(直通)

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。