発表します!女性が作った優れた商品―「神奈川なでしこブランド2016」認定商品等を決定-

掲載日:2016年1月20日
平成28年1月20日
記者発表資料

 県では、女性の登用・活躍推進のために、女性が開発に貢献した商品とアイデアを募集し、優れたものを認定しています。
 平成27年7月21日から9月30日にかけて応募いただいた商品の中から「神奈川なでしこブランド2016」を、アイデアの中から「なでしこの種」を認定しました。
 認定された商品等はすべて、開発(考案)段階で女性が大きく貢献した商品及びアイデアであり、女性が活躍する効果を皆様の目に見える形で示しているものであると言えます。
 また、2月7日(日曜)には、マークイズみなとみらいにおいて認定式を開催するとともに、これまで認定された商品の展示・販売を行います。

1 認定商品等について

1 「神奈川なでしこブランド2016」

概要:神奈川県内に拠点を持つ事業所・団体から応募された、女性が開発に貢献した商品
応募件数:47件
認定件数:14件【詳細は、別紙1 [PDFファイル/162KB]のとおり】

2 「なでしこの芽」「なでしこの種」

概要:神奈川県内に在住、在勤又は在学の女性から応募された、商品に関するアイデア
応募件数:27件
認定件数:「なでしこの芽」0件/「なでしこの種」1件【詳細は、別紙2 [PDFファイル/5KB]のとおり】

2 認定式の開催について

1 日時

平成28年2月7日(日曜)14:10から15:00まで

2 場所

マークイズみなとみらい 1階 グランドガレリア

3 主な内容

  • 知事から認定証の贈呈
  • 知事と総合プロデューサー残間里江子氏とのトーク
    (認定商品の開発者等とのお話を交え、女性の活躍促進等についてトークを行います)

4 取材

自由に取材いただけます(事前に事務局へご連絡ください)。

5 その他

 神奈川なでしこブランド事業の紹介と併せて、今回認定された「神奈川なでしこブランド2016」を含む認定商品の一部を展示・販売します。

※ 残間里江子氏のプロフィール
 1950年仙台市生まれ。アナウンサー、編集者を経て、1980年に企画制作会社「(株)キャンディッド・コミュニケーションズ」を設立、現在同代表取締役会長。出版、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。2007年にユニバーサル技能五輪国際大会の総合プロデューサーを務める。2009年には、日本に新しい大人をつくる会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。総務省「定住自立圏構想研究会」委員等、行政諸機関の委員を数多く歴任。

(問合せ先)
神奈川県産業労働局労働部労政福祉課
    • 課長
    • 坂本
    • 電話 045-210-5730
    • 両立支援グループ
    • 青山
    • 電話 045-210-5744

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 労働部 労政福祉課 です。