平成28年度の電力調達

掲載日:2016年1月18日
平成28年1月18日
記者発表資料

- 334の県施設において、約5億1千万円の電気料金を節減 -

平成28 年度電力入札結果

○  知事部局、教育委員会、警察本部及び企業庁の165 施設において平成28 年度に使用する電力の入札を実施したところ、これら全ての施設で一般電気事業者又は特定規模電気事業者から電力を調達することになりました(詳細は別紙平成28年度 入札により電力調達する県施設 [PDFファイル/37KB]のとおり)。 

○  今回の入札による電気料金の節減額は、約2億7千万円になります。

○  すでに昨年10 月から県立学校169 校で入札を実施し契約していますので、今回入札分と合わせて、平成28 年度は334 の県施設において、総額で約5億1千万円の電気料金を節減します。

≪平成28年度 県施設における電気料金節減状況≫

区   分

施 設 数

a

入札実施施設数

b

実施割合

b/a

電気料金節減額注1

(千円)

知事部局     A

79

71

89.9%

227,597

警察本部     B

74

71

95.9%

教育委員会  C

(今回入札分)

14

13

92.9%

44,709

企 業 庁   D

12

10

83.3%

4,239

今回入札分計   A+B+C+D

179

165

92.2%

276,545

 

教育委員会     E

(27年8月入札分注2)

169

169

100.0%

235,307

県施設合計  A+B+C+D+E

348

334

96.0%

511,852

 注1)東京電力と通常に契約した場合の電気料金(予定)との比較

 注2)県立学校169校は昨年8月に電力入札を実施し、10月からPPSと契約済

≪前年との比較(今後入札を行う青少年センターを除いた比較)≫

区   分

入札実施施設数

電気料金節減額(千円)

平成28年度 A

334(165)

511,852(  276,545)

平成27年度 B

337(168)

344,504(  161,726)

増   減 A-B

△3(△3)

+167,348(+114,819)

※( )内は県立学校を除いた数値 

今後の予定

○ 今後も次のとおり電力入札を予定しています。
  ・2月      青少年センターで使用する電力

【参考】PPS(特定規模電気事業者)の概要

◇   従来、電力の小売は、東京電力や関西電力のような「一般電気事業者」のみが行っていたが、平成12年に電気事業法が改正され、電力の小売が自由化されたことによって、一般電気事業者以外の事業者も、一定の規模以上の電力の小売が可能となった。

◇   この小売事業者が「特定規模電気事業者」であり、一般にPPS(Power Producer and Supplier)と称されている。

◇   現在、PPSは、契約電力が50キロワット以上の需要家に対する小売が可能であり、メーカー等の工場が自家発電設備で発電した余剰分や、自らの発電所で発電して確保した電力を、東京電力等の一般電気事業者の送電網を活用して需要家に電力を供給しているが、平成28年4月からは、電力の小売りが完全に自由化され、小規模な需要家に対しても電力の供給が可能となる。

平成28年度 入札により電力調達する県施設 [PDFファイル/37KB]

問合せ先

(全般に関すること)
神奈川県総務局総務室

  • 企画調整担当課長
  • 焼石
  • 電話 045-210-2121

(入札に関すること)
神奈川県会計局調達課

  • 課長
  • 神田
  • 電話 045-210-6720

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 総務局 総務室 です。