火山対応ロボットを大涌谷に投入します

掲載日:2015年12月18日
平成27年12月18日
記者発表資料

火山対応ロボットを大涌谷に投入します

 県は、「火山活動対応ロボット緊急開発プロジェクトチーム」を立ち上げ、大涌谷周辺でのロボット及びロボット技術の活用を進めています。
 その取組みの一環として、大涌谷周辺の現地ニーズに対応する火山対応ロボットの速やかな現場投入を図っていくため、既存ロボットの技術的課題を解決する開発プロジェクトを募集・採択し、3つの火山対応ロボットの開発を進めてきました。
 この度、開発した火山対応ロボットを次のとおり大涌谷に投入することとしたので、お知らせします。 

1 火山活動対応ドローン

ロボットの概要

・温度計測のための赤外線サーモグラフィーを搭載。

・山間部を安全に飛行するため、GPSによる自動運転機能や、障害物センサーによる衝突回避機能を搭載。

火山活動対応ドローンの写真

投入目的・内容

大涌谷内に火山ガス濃度センサー及び地すべりセンサーを設置するのに先立ち、候補地の地表温度や地形の情報収集を行う。

開発事業者

株式会社日本サーキット [川崎市]

株式会社アート1 [大和市]

オキノ工業株式会社 [埼玉県児玉郡神川町]

投入日時

平成27年12月21日(月曜日)9時から12時頃まで

※悪天候等により実施できない場合は、翌日に延期します。

2 火山活動対応地上走行車 

ロボットの概要

・車体には、大涌谷内を走行可能なクローラを備える。

・火山ガス濃度センサーを設置・回収する機構等を搭載。

火山活動対応地上走行車の画像

投入目的・内容

大涌谷内の安全性の評価に役立てるため、地表付近の火山ガス濃度等の情報収集を行う。

開発事業者

株式会社移動ロボット研究所 [鎌倉市]

理研計器株式会社 [東京都板橋区]

投入日時

平成27年12月26日(土曜日)9時から12時頃まで

※悪天候等により実施できない場合は、翌日に延期します。

 3 火山活動対応地すべり警報システム

ロボットの概要

・地すべりセンサーは、地熱による故障、火山ガスや温泉成分による腐食を避けるための耐性を備える。

・ドローンは、センサーを運搬するための機構や、重量物を安定的に運搬するための制御システムを搭載。

 

火山活動対応地すべり警報システム 画像

投入目的・内容

運搬用のドローンにより大涌谷内に地すべりセンサーを設置し、地すべりの兆候を把握して警報を出し、作業者等の安全の確保に役立てる。

開発事業者

株式会社菊池製作所[東京都八王子市]

株式会社イ・エム・テクノ[伊勢原市]

株式会社自律制御システム研究所[千葉県千葉市]

投入日時

平成28年1月15日(金曜日)9時から12時頃まで

※悪天候等により実施できない場合は、翌日に延期します。

 ※各ロボットの投入にかかる取材について

・ロボットの操作場所は、いずれも箱根ロープウェイ大涌谷駅付近(足柄下郡箱根町仙石原1251)で行います。
 立入り規制区域内のため、操作場所での取材はできません。

・投入した当日に、ロボットの投入の様子や投入の結果にかかる画像等を提供させていただきます。

(問い合わせ先)
神奈川県産業技術センター
 副所長 岸本 電話 (046)236-1502(直通)
 研究開発連携室長 櫻井 電話 同上
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。