平成26年度における県内の障害者虐待の状況について

掲載日:2015年12月22日
平成27年12月22日
記者発表資料

障害者虐待防止法(障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律。以下、「法」といいます。)に基づく通報等の状況を取りまとめましたので公表します。

※厚生労働省が実施した「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査」の県内市町村分を集計したものです。

  括弧内は平成25年度の件数、人数を示します。

1 対象期間

  平成26年4月1日から平成27年3月31日まで

 

2 通報・届出・相談件数

  市町村や県に寄せられた通報等の件数は、496件(779件)でした。

  (内訳)

    養護者による障害者虐待             258件(347件)

    障害者福祉施設従事者等による障害者虐待     201件(388件)

    使用者による障害者虐待               37件( 44件)

 

3 虐待の事実が認められた事例

(1)件数 及び 虐待を受けた障害者の人数

上記2のうち、市町村や県の事実確認により虐待の事実が認められた事例は 121件(153件)、虐待を受けた障害者の数は、147人(156件)でした。

  (内訳)

    養護者による障害者虐待             99件、99人(114件、114人)

    障害者福祉施設従事者等による障害者虐待       15件、34人( 29件、 30人)

    使用者による障害者虐待               7件、14人( 10件、 12人)

(2)障害種類別内訳

知的障害者が88人と最も多く、次いで精神障害が50人、身体障害が22人の順となっています。

※1人が複数の障害を有している場合は重複計上しています。

障害種別

養護者による

障害者虐待

障害者福祉施設

従事者等による

障害者虐待

使用者による

障害者虐待

合計

身 体 障 害

20 (19) 2 (  5)0 (  0)

22 (24)

知 的 障 害

53 (54)29 (18)6 (10)88 (82)

精神障害(発達障害除く)

36 (51) 6 (  6)8 (  1)50 (58)

発 達 障 害

 1 ( 1)

 0 (  2)0 (  2) 1 ( 5)

その他の心身の機能障害

 1 ( 2) 1 (  0)0 (  0) 2 ( 2)

(3)虐待類型別内訳

身体的虐待が73件と最も多く、次いで心理的虐待が47件、経済的虐待が20件、放棄・放置が18件、性的虐待が10件の順となっています。

使用者による障害者虐待では、経済的虐待が最も多くなっています。

※1件の事案で複数の類型が該当している場合は重複計上しています。

虐待の類型

養護者による

障害者虐待

障害者福祉施設

従事者等による

障害者虐待

使用者による

障害者虐待

合計
身体的虐待65 (77)8 (16)0 ( 3)73 (96)
性 的 虐 待 5 (  9)3 (  1)2 ( 2)10 (12)
心理的虐待39 (40)6 (14)2 ( 6)47 (60)
放棄・放置(ネグレクト)18 (20)0 (  1)0 ( 1)18 (22)
経済的虐待16 (20)1 (  2)3 ( 4)20 (26)

4 法第20条に基づく公表事項

  上記3以外で、法第20条及び法施行規則第3条において公表することとされている事項については、次のとおりです。

(1)虐待があった障害者福祉施設等の種別

  ・障害者支援施設        3件 (8件)

  ・生活介護         2件 (3件)

  ・短期入所         1件 (1件)

  ・就労継続支援B型         3件 (6件)

  ・共同生活援助       2件 (8件)

  ・地域活動支援センター   1件 (2件)

  ・放課後等デイサービス   3件 (0件)

(2)虐待を行った障害者福祉施設従事者等の職種(重複あり)

  ・設置者             1件 ( 2件)

  ・管理者           3件 ( 1件)

  ・サービス管理責任者       1件 ( 4件)

  ・生活支援員         8件 (12件)

  ・世話人           1件 ( 3件)

  ・指導員           1件 ( 0件)

  ・児童発達支援管理責任者   1件 ( 0件)

(3)虐待が認められた事案に対する市町村・県による対応(重複あり)

  ・施設等に対する指導   14件 (23件)

  ・施設等からの改善計画の提出依頼  7件 (14件)

  ・虐待を行った障害者福祉施設従事者等への注意・指導  3件 (2件)

  ・報告徴収等(障害者総合支援法・児童福祉法に基づく権限行使)  2件 (1件)

  ・改善勧告(障害者総合支援法・児童福祉法に基づく権限行使)  6件 (0件)

  ・その他  2件 (6件)


 参考資料:障害者虐待防止法による対応の枠組み、用語の定義、関係条文 [PDFファイル/839KB]

(問合せ先)
神奈川県保健福祉局福祉部障害福祉課
  • 課長
  • 中元
  • 電話 045-210-4700
  • 地域生活支援グループ
  • 鎌倉
  • 電話 045-210-4713
  • ファクシミリ 045-201-2051

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 福祉部 障害福祉課 です。