神奈川県内に3箇所の移動式水素ステーションが開所します

掲載日:2015年11月13日
平成27年11月13日
記者発表資料

 本県では、関係事業者と行政で構成する「かながわ次世代自動車普及推進協議会(事務局:神奈川県)」において策定した「神奈川の水素社会実現ロードマップ」に基づき、水素社会の実現に向けた取組を進めています。

 このロードマップでは、水素ステーション整備の中期的な目標として、平成32年度までに県内累計25箇所を掲げ、移動式水素ステーションの充塡場所の確保についても協議会において調整を行ってまいりましたが、この度、3政令市の協力により、県内3箇所(横浜市中区・川崎市川崎区・相模原市中央区)において、移動式水素ステーションが開所されることとなりましたのでお知らせいたします。
※各ステーションの開所日、所在地、営業日等の詳細は、移動式水素ステーションの整備事業者である、JX日鉱日石エネルギー株式会社の発表資料(別添) [その他のファイル/427KB]を参照

(移動式水素ステーションとは)
 
トラックの荷台に水素を充塡する設備等を積載し、移動が可能な水素ステーションです。あらかじめ届け出た場所で水素の充塡を行いますが、
 ・固定式水素ステーション(ガソリンスタンドと同様の形式のステーション)が普及するまでの間、
  ステーションが不足するエリアをカバーすることができる
 ・複数箇所で営業することが可能
というメリットがあります。

                〈移動式水素ステーション〉
横浜市中区 川崎市川崎区 相模原市中央区
   (横浜市中区)         (川崎市川崎区)        (相模原市中央区)
                                (写真提供:JX日鉱日石エネルギー株式会社)

(問合せ先)
神奈川県産業労働局エネルギー部スマートエネルギー課
  • 課長
  • 村上
  • 電話 045-210-4130
  • 調整グループ
  • 長島
  • 電話 045-210-4133