産業廃棄物関係書類に係る不適切な処理について

掲載日:2015年11月5日
平成27年11月5日
記者発表資料
(県政・厚木・大和・相模原記者クラブ同時発表)

県央地域県政総合センターにおいて、産業廃棄物収集運搬業に係る許認可事務に関し、不適切な処理が行われていたことが判明しました。

 1  発生事案の概要

  当センターの担当職員(男性技師)が、平成27年度の産業廃棄物収集運搬業の新規許可申請書類を平成27年8月13日付けで収受しましたが、8月14日付けで進行管理上必要な処理台帳に架空の社名で入力を行い、本人はその後当該申請書類を放置していました。 10月29日(木曜日)、同課に申請代理人の行政書士から審査状況に関する問い合わせの電話が入り、本人が申請書を確認したところ当該書類が紛失したことが判明しました。

 

2 その他の不適切な処理案件

  10月30日(金曜日)、紛失書類を捜索する中、本人が担当している事務全般について調べたところ、11月2日(月曜日)までに、平成26年度に係る届出関係書類を収受しながら処理せずに46件の案件が放置されていました。これらの不適切処理は上記1の発生事案を含め、いずれも担当職員が事務処理の遅延などをとがめられることを恐れ、隠ぺいや虚偽記載を繰り返し上司・同僚らを欺いたことが起因しているものと思われます。

(46件の届出書類については、いずれも事業者の届出義務は完了しており、内容を精査したところ、事業者に是正を求める必要のある届出はありませんでした。)

 (その他の不適切な処理の内訳)

 ・車両の種類及び台数変更に係る事後届出  37件

 ・代表者、役員及び株主変更に係る事後届出  7件

 ・事業所所在地変更に係る事後届出      1件

 ・施設の軽微変更に係る事後届出       1件

 

3 対応

上記1の申請者に対し直ちに謝罪するとともに、現在、申請書の副本をもって審査事務を進めています。また、その他46件の不適切に処理された届出関係書類については、11月6日(金曜日)までに更正処理を終える予定です。

  今後、再発防止に向け、当センター全職員に対し、法令順守の徹底とチェック体制の強化、業務の進行管理の見直しを図ってまいります。

(問合せ先)

    神奈川県県央地域県政総合センター

     環境部長 内山  電話046-224-1111(代表)(内線2200)

                    046-224-4221(直通)

神奈川県

このページの所管所属は 県央地域県政総合センター です。