-「さがみロボット産業特区」重点プロジェクト-「服薬支援クラウドサービス」が商品化されました!

掲載日:2015年10月26日
平成27年10月26日
記者発表資料

ロゴ

 神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化・普及を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。このたび、県が重点プロジェクトとして支援している服薬管理支援機器とその周辺システム開発のうち、「服薬支援クラウドサービス」が発売されましたので、お知らせします。

製品概要

 「服薬支援クラウドサービス」は、服薬支援装置「服薬支援ロボ」を活用し、自宅や介護施設にいる高齢者や介護を必要とする人の薬の飲み過ぎや飲み忘れを防ぐとともに、遠隔地の調剤薬局やケアマネージャーが、服薬履歴や残薬の情報を参照して訪問服薬指導や介護サービスに活用できるサービスです。本サービスは、クラリオン株式会社とセントケア・ホールディング株式会社が共同開発した「服薬支援ロボ」と日立システムズのIT技術を活用して実現しました。
 「服薬支援ロボ」は、設定時間になると音声案内と画面表示で服薬を告知し、ボタンを押すと1回分のピルケースだけを取り出せる仕組みです。薬剤師等が専用のピルケースを「服薬支援ロボ」に補充することで、1回分の薬を適切に管理できるとともに、飲み忘れを防止できます。また、服薬履歴は自動的に日立システムズのクラウドサービスに送られ、遠隔地からPC等の画面を通じて参照できるようになるほか、患者が服薬しなかった場合に、指定した連絡先宛に自動でメール通知することで、遠隔地の薬剤師やご家族などが被介護者の服薬履歴を把握でき、訪問服薬指導の効率化や地域包括ケアへの寄与が見込めます。

服薬支援クラウドサービス

服薬支援ロボ 服薬支援ロボ

販売開始日

  • 平成27年10月26日(月曜日)から
    ※平成27年12月提供開始予定
    ※主に薬局や介護事業者向けに販売

薬局や医療・介護事業者など法人の方からのお問い合わせ先

  • 株式会社日立システムズ 商品お問い合わせ窓口
    電話:0120-346-401 (受付時間:土曜日、日曜日、祝日を除く9時から17時まで)
    お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/d-inquiry/contact.cgi
  • 個人の方で購入を希望される方は、服薬支援ロボの販売者(ケアボット株式会社)までお問い合わせください。
    所在地:東京都中央区八丁堀2-19-6 ヤサカ八丁堀ビル1F
    電話:03-6222-1062 (受付時間:土曜日、日曜日、祝日を除く9時から18時まで)

支援内容と今後の予定

 特区内の介護施設において、ユーザーから意見収集をし、改良に役立ててもらえるようにしました。服薬支援ロボ単体としても、特区の取組を通じ、個人や施設向けの普及支援を行ってきました。今後も、普及や更なる改良に向けて引き続き支援していきます。

別紙

「服薬支援クラウドサービス」リーフレット [PDFファイル/120KB]

特区発ロボット [PDFファイル/113KB]

(問合せ先)
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
  • 課長 依田
  • 電話 045-210-5630
  • さがみロボット産業特区グループ 渡部
  • 電話 045-210-5650

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。