火山対応ロボットの開発プロジェクトを採択しました

掲載日:2015年10月26日
平成27年10月26日
記者発表資料

火山対応ロボットの開発プロジェクトを採択しました

 県は、「火山活動対応ロボット緊急開発プロジェクトチーム」を立ち上げ、大涌谷周辺でのロボット及びロボット技術の活用を検討してきました。
 そうした取組みの一環として、大涌谷周辺の現地ニーズに対応する火山対応ロボットの速やかな現場投入を図っていくため、既存ロボットの技術的課題を解決する開発プロジェクトを募集したところ、9件の応募がありました。
 この度、外部有識者を含む選考委員会の審査を経て、次の3件を採択しました。開発した火山対応ロボットは、12月を目標として順次、大涌谷周辺へ実際に投入していきます。

1 火山活動対応ドローン

(1) 開発事業者

 株式会社日本サーキット(川崎市)、株式会社アート1(大和市)、オキノ工業株式会社(埼玉県児玉郡神川町)

(2) 開発目的

・人が近寄れない区域で情報収集を行う。
・より低高度での飛行を可能とすることで、より高精細な映像を得る。
・大涌谷の谷内部にセンサー等の機器を設置するのに先立ち、地表の温度を計測する。

(3) 開発する主な機能

 温度計測のための赤外線サーモグラフィーを搭載する。
 また、GPSによる自動運転機能や、障害物センサーによる衝突回避機能を持たせ、各種調査を山間部で安全に行うことを可能とする。

※開発するロボットのイメージ(写真のドローンは既存のもの)
  開発するロボットのイメージ 

2 火山活動対応地上走行車

(1) 開発事業者

 株式会社移動ロボット研究所(鎌倉市)、理研計器株式会社(東京都板橋区)

(2) 開発目的

・人が近寄れない区域で情報収集やサンプリング作業を行う。
・立入規制の解除後に人が立ち入るのに先立ち、安全を確保するため、地表の火山ガス濃度等の情報を収集する。

(3) 開発する主な機能

 大涌谷の谷内部で走行可能なクローラ等を備えた車体を製作し、火山ガス等をサンプリングできる機構や、火山ガス濃度等が計測できる計測器を搭載する。

 ※開発するロボットのイメージ(ロボットの外観は変更する可能性があります)
  開発するロボットのイメージ

3 火山活動対応地すべり警報システム

(1) 開発事業者

 株式会社菊池製作所(東京都八王子市)、株式会社イ・エム・テクノ(伊勢原市)、株式会社自律制御システム研究所(千葉県千葉市) 

(2) 開発目的

・地すべりの兆候を把握して警報を出し、作業者等の安全を確保する。
・火山環境で長期間の使用ができるようにする。
・大涌谷の谷内部へドローンにより運搬できるようにする。

(3) 開発する主な機能

 地すべりセンサーを大涌谷の谷内部に設置し、地すべりの兆候を把握して、400m以上離れた場所へ無線通信による警報を発信するシステムを構築する。
 また、センサーには、ドローンでの運搬を可能とするための機構や、地熱による故障、火山ガスや温泉成分による腐食を避けるための耐性を付加する。

※開発するロボットのイメージ(写真のセンサー及びドローンは既存のもの)
  開発するロボットのイメージ     開発するロボットのイメージ 

(問い合わせ先)
神奈川県産業労働局産業部産業振興課
 課長 依田 電話 (045)210-5630(直通)
 技術開発推進グループ 廣井 電話 (045)210-5646(直通)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。