産業廃棄物収集運搬車両の一斉路上調査を実施します

掲載日:2015年10月15日
平成27年10月7日
記者発表資料

 産業廃棄物の不法投棄等の不適正処理を未然に防止するため、産業廃棄物収集運搬車両の一斉路上調査を実施します。
 神奈川県では、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市との共同により、次の日時・場所で実施します。

 ※  本調査は、「産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会(産廃スクラム32)」の不法投棄撲滅強化月間(10月15日から12月28日まで)の取組の1つとして実施するもので、九都県市首脳会議と共同で、警視庁及び各県警本部並びに各高速道路株式会社の協力を得て実施します。

 実施日時

  平成27年10月15日木曜日 午前10時から正午まで 

本県の実施場所

  東名高速道路 横浜町田インターチェンジ料金所

調査内容

  調査車両の積載物の種類、産業廃棄物処理業の許可の有無、排出元や運搬先など産業廃棄物の処理ルート等について調査します。
  不適正処理等の疑いがあるときは、関係自治体と連携し、適正処理を指導します。

調査の様子(過去撮影)

 調査の様子(過去撮影)

 調査の様子(過去撮影)

その他

(1)他の自治体における主な調査場所

関越自動車道   新座料金所
東関東自動車道    宮野木料金所
新東名高速道路    新富士インターチェンジ
東名高速道路   清水インターチェンジ
首都高速道路   大井本線料金所
その他一般道等

※  調査場所により、一部で実施日時が異なりますので、別途、お問い合わせください。

(2)参加自治体(32自治体)

福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、郡山市、いわき市、宇都宮市、前橋市、高崎市、さいたま市、川越市、千葉市、船橋市、柏市、横浜市、川崎市、横須賀市、相模原市、新潟市、長野市、静岡市、浜松市、越谷市、八王子市、東京都

(※埼玉県、千葉県、神奈川県、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市及び東京都は九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会構成員です) 

※    なお、本資料の内容は、産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会及び九都県市首脳会議の構成県市でも同時発表しています。

(問い合わせ先)
 神奈川県環境農政局環境部資源循環推進課

課長 小林
 電話 045-210-4170
適正処理グループリーダー 森
 電話 045-210-4151

神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 資源循環推進課 です。