世界糖尿病デー(11月14日) ”ブルーライト県庁”について

掲載日:2015年10月16日
平成27年10月16日
記者発表資料

 11月14日「世界糖尿病デー」のシンボルであるブルーサークルにちなんで、神奈川県庁本庁舎において、ブルーライトアップの点灯イベントを実施します。

 

1 “ブルーライト県庁”概要

  内 容:点灯式及び記念コンサート

  日 時:平成27年11月14日 土曜日 16時30分から17時30分まで  *ライトアップは21時まで(県庁公開も同時実施)

  会 場:神奈川県庁本庁舎正面玄関内

2 ブルーライトアップを実施する県内の主な施設等

  横浜マリンタワー(11月12日から15日まで 17:00から22:00まで、 神奈川県糖尿病対策推進会議主催)

  長谷寺観音堂(鎌倉市内)(11月14日 17:00から19:00まで)

3 世界糖尿病デーについて 

 拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年12月20日、国連は国連総会義で、IDFが要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認 知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決しました。同時に、従来、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。(世界糖尿病デー実行委員会 -日本糖尿病学会、日本糖尿病協会-ホームページより引用)  

 11月14日は、1921年にチャールズベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる。(糖尿病ネットワーク ホームページより引用) 

4 参 考

 「神奈川糖尿病デー2015市民講演会」

 日 時:平成27年11月15日 日曜日 13:00から16:00まで

 会 場:はまぎんホールヴィアマーレ(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1)

 内 容: 総合司会  津村 和大 氏(神奈川県糖尿病協会)

    1 教育講演(1) 「糖尿病の食事療法と健康な食事」中村 丁次 氏(神奈川県立保健福祉大学)

      教育講演(2) 「糖尿病と認知症のかかわり」  杉山 孝博 氏(川崎幸クリニック)

    2 ミニレクチャー

            (1) 「糖尿病治療薬のトピックス」   林 哲範 氏(北里大学病院)

            (2) 「ブルーエクササイズ」       平沢 良和 氏(関西電力病院)

            (3) 「栄養学習の実際」         太田 博子 氏(川崎市立川崎病院)

            (4) 「糖尿病予防のためのお口の健康管理」 鈴木 聡行 氏(神奈川県歯科医師会)

            (5) 「神奈川県の進める糖尿病対策の取組み」    (神奈川県保健福祉局)

    3 フードモデル学習体験・企業展示 ほか

    4 主 催 神奈川県糖尿病対策推進会議

    5 参加費 無料

    6 事前申し込み 不要

    7 問い合せ先(事務局)神奈川県医師会地域保健課 松井 電話045-241-7000

(問い合わせ先)
 神奈川県保健福祉局保健医療部健康増進課
 課長            川名 電話 045-210-4770
 健康づくりグループ    西川 電話 045-210-4784
                   ファクシミリ 045-210-8857

神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 健康増進課 です。