ライフイノベーションセンター(仮称)にiPS細胞研究開発「セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン」の進出が決定!

掲載日:2015年10月14日
平成27年10月14日
記者発表資料

 神奈川県では、羽田空港に隣接しライフサイエンス産業の集積が進む川崎市殿町区域において、高い成長が期待される再生・細胞医療の実用化・産業化の拠点「ライフイノベーションセンター(仮称)」の整備を進めています。

 このたび、このライフイノベーションセンターに、富士フイルム株式会社が10月1日に設立したiPS細胞由来分化細胞の開発・製造・販売企業「セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社」(以下「CDJ」)が進出することとなりました。

 同社は世界的なiPS細胞ビジネスのリーディングカンパニーである米国「セルラー・ダイナミクス・インターナショナル」(以下「CDI」)(※)の技術・製品を日本で展開するために設立された企業であり、平成28年度中に、iPS細胞由来分化細胞の製造・研究開発拠点をライフイノベーションセンター内に設置する予定です。

※CDI:創薬支援向けに心筋・神経・肝臓など12 種類の高品質なiPS細胞由来分化細胞やオーダーメイド型iPS細胞
 由来分化細胞を、大手製薬企業など多くのユーザーへ販売。本年5月に富士フイルムグループに。

 

進出企業の概要

(1)名称

 セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社(CDJ)

(2)所在地

 東京都港区

(3)資本金

 1億円

(4)代表者

 代表取締役社長 伴 寿一

(5)事業内容

 ライフイノベーションセンター(仮称)内に設置する拠点では、米国CDIからiPS細胞由来分化細胞の技術・製品の提供を受け、同細胞の品質等に対するユーザーのニーズを把握し、大学や研究機関、企業等と積極的に共同研究に取り組みながら、化合物探索から疾病研究、薬剤の評価など幅広く創薬支援分野へ貢献するiPS細胞由来分化細胞の開発を進める予定です。

ライフイノベーションセンター(仮称)について

(1)施設の概要

 所在地   川崎市川崎区殿町三丁目  敷地面積 8,000㎡

 施設規模等 地上4階建て、延床面積約16,000㎡、ウェットラボ仕様(平成28年春完成予定)

 整備等主体 神奈川県、大和ハウス工業(株)、東京センチュリーリース(株)

(2)施設の性格

 再生・細胞医療分野の実用化・産業化に向けて、研究開発から製品・商品化まで幅広く事業展開できる拠点として、国内外の関連企業・大学・研究所等の入居を想定。

問い合わせ先

 神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局

  ライフイノベーション担当課長   足立原 電話(045)285-0038

  最先端医療産業グループリーダー  前田   電話(045)285-0187

神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。