黒岩知事が国家戦略特区プロジェクトの現場を訪問~世界最高水準の高度医療の提供を目指すAOI国際病院を視察~

掲載日:2015年10月13日
平成27年10月13日
記者発表資料

 神奈川県は、超高齢社会を乗り越えるため、国家戦略特区を活用し、健康寿命の延伸と新たな市場・産業の創出を目指す「ヘルスケア・ニューフロンティア」を推進しています。
 昨年12月には、医療法人社団葵会が、県と連携し、国家戦略特別区域高度医療提供事業(病床規制に係る医療法の特例)※1別添資料参照について、内閣総理大臣の認定を受けました。このたび、本特例を活用し、新たに整備された病床20床を備えたハイブリッド手術室が完成し、内覧会が開催されます。
 そこで、東京圏国家戦略特別区域会議の関係自治体代表を務める黒岩知事が、AOI国際病院を訪問し、神奈川県の国家戦略特区の成果であるハイブリッド手術室を視察します。

 【視察の内容】

1 日時 平成27年10月20日(火)12時25分から12時40分

2 場所 医療法人社団葵会AOI国際病院(旧川崎南部病院)
     (神奈川県川崎市川崎区田町2-9-1)

3 内容 知事は、ハイブリッド手術室(5階)の設備や提供される高度医療、今後、AOI国際病院が国家戦略特区を活用して展開する事業内容等について説明を受けます。
      (ハイブリッド手術室:写真①)  (ハイブリッド手術室:写真②)
         (ハイブリッド手術室:写真1)      (ハイブリッド手術室:写真2)

ハイブリッド手術室・・・通常の外科手術と、血管造影やカテーテルを使った血管内治療を同時に実施できる手術室です。手術のみでは到達困難な部位への治療や、カテーテルのみでは治療できない病変に対しても同時に手術を行うことができます。また、低侵襲治療を実現します。

【取材について】
 当日は、知事と同行取材が可能です。取材を希望される方は、事前に、神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局(下記)までご連絡ください。

別添資料 医療法人社団葵会AOI国際病院の概要 [PDFファイル/219KB]

(問合せ先)
神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局
  • 特区連携担当課長  今部
  • 電話 045-210-3281
  • 特区連携グループ  沖田
  • 電話 045-210-3265

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。