食べきりげんまん&ごみ減量スマイル-九都県市3R普及促進キャンペーンの実施について-

掲載日:2015年9月25日
平成27年9月25日
記者発表資料
(九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)同時発表)

九都県市廃棄物問題検討委員会では、循環型社会を構築するため、毎年3R推進月間の10月を中心に、ごみの発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の普及促進キャンペーンを実施しています。
今年度は、多くの事業者と連携し、食品廃棄物の削減を促進する「食べきりげんまんプロジェクト」と容器包装ごみの減量化を図る「ごみ減量スマイルキャンペーン」を実施いたします。

●キャンペーン概要

目  的
家庭から出されるごみの重量の約55パーセントは「生ごみ(食品廃棄物)」と「容器包装ごみ」となっています。
例えば、日本で1年間に発生する「食品ロス」(まだ食べられるのに捨てられてしまっている食べ物)は、約640万トンに上ります。日本人1人当たりに換算すると、毎日おにぎり約1個半を捨てていることとなります。
この「生ごみ」と「容器包装ごみ」の削減を図るため、以下のPR事業を実施し、店舗及び家庭における食品ロスの削減や容器包装ごみの減量化を図ります。

実施期間
平成27年10月1日木曜日から平成27年10月31日土曜日まで

●実施事業の内容

1 食べきりげんまんプロジェクト

  ファミリーレストランなどの外食事業者5社と連携し、「スマイルフォトコンテスト」を実施します。
  実施店舗で500円以上の食事をし、残さず食べた「空の食器と笑顔」を一緒に撮影して応募してください。
  コンテストの優秀作品には素敵な賞品をプレゼントします。
≪スマイルフォトコンテスト連携事業者〔店舗名〕≫50音順
  ・株式会社アレフ〔びっくりドンキー〕
  ・サトレストランシステムズ株式会社〔和食さと〕
  ・株式会社セブン&アイ・フードシステムズ〔デニーズ、ファミール〕
  ・株式会社華屋与兵衛〔華屋与兵衛〕
  ・株式会社不二家フードサービス〔不二家レストラン *一部店舗〕
≪実施店舗≫九都県市域内の511店舗 (県内は121店舗)

2 容器&包装ダイエット宣言・ごみ減量スマイルキャンペーン

小売業者、製造事業者41社との連携により、容器&包装ダイエット商品(容器包装の減量化に配慮した商品)を紹介するリーフレットを小売店舗等の店頭で配布し、PRします。リーフレットにあるアンケートに答えると、抽選でプレゼントが当たります。
≪連携事業者≫小売事業者:13社、製造事業者:28社 
≪店頭PR実施店舗≫九都県市域内の11店舗
≪プレゼントが当たるキャンペーンリーフレット配布店舗≫九都県市域内の552店舗 (県内は180店舗)

        食べきりげんまん 容器ごみ減量               

●「食品ロス」と「容器包装ごみ」の削減に向けて

「食品ロス」と「容器包装ごみ」を減らすために、消費者にもできることはたくさんあります。今回のキャンペーンをきっかけに、ごみの削減に取り組みましょう。

1 「食品ロス」の削減に向けて

  ・買い物前に在庫をチェックして、必要なものを必要な量だけ買うようにしましょう。
  ・「もったいない」を意識し、買い過ぎ、作り過ぎ、注文し過ぎに注意しましょう。
  ・「賞味期限」は「おいしく食べられる期限」です。「食の安全な期限」である「消費期限」との違いを理解し、
   期限が過ぎてもすぐに捨てないようにしましょう。

2 「容器包装ごみ」の削減に向けて

  ・買い物の際にはマイバックを持参して、不要なレジ袋をもらわないようにしましょう。
  ・詰め替え商品など容器包装削減に配慮した商品を積極的に選択しましょう。
  ・食品トレイや牛乳パックなどはリサイクルボックスに返却しましょう。

 参考資料 [PDFファイル/804KB]

 

 

 

 

 

 

 

(問合せ先)
神奈川県環境農政局環境部資源循環推進課
課長 小林
電話 045-210-4170
調整グループ 北田
電話 045-210-4147

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 資源循環推進課 です。