重粒子線治療に対する保険適用及び先進医療Aの継続に関する要望を実施します

掲載日:2015年9月3日
平成27年9月3日
記者発表資料

 平成28年4月の診療報酬改定に合わせて、国では、重粒子線治療における先進医療の取り扱いの見直しが行われています。
 見直しでは、現在、先進医療に位置付けられている重粒子線治療が、先進医療の枠組みから外れる可能性もあります。
 平成27年12月から県立がんセンターで重粒子線治療が始まる中、こうした見直しは大きな混乱が生じるとともに、県民のがん治療の選択肢が狭まることになるため、8月28日の厚生労働大臣への要望に引き続き、神奈川県知事から内閣官房長官に要望を行いますのでお知らせします。

 1 日  時  平成27年9月7日(月曜日) 17時20分

 2 面 会 者   菅 義偉 内閣官房長官

 3 要 望 者     黒岩 祐治 神奈川県知事

 4 要望場所  首相官邸

 5 要望内容  重粒子線治療に対する保険適用及び先進医療Aの継続に関する要望

(問合せ先)
神奈川県保健福祉局保健医療部県立病院課
  • 県立病院課長 
  • 橋本
  • 電話 045-210-5040
  • 病院機構グループ
  • 埋橋
  • 電話 045-210-5047
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 県立病院課 です。