薄膜太陽電池普及拡大プロジェクトの再公募選考結果について

掲載日:2015年8月28日
平成27年8月28日
記者発表資料

神奈川県では、薄くて軽い薄膜太陽電池の普及拡大を図るため、薄膜太陽電池普及促進事業費補助金の補助対象となる「薄膜太陽電池普及拡大プロジェクト」について再公募し、選考委員会による審査を経て、今般、プロジェクトを選考したのでお知らせします。

1 プロジェクトの応募数及び選考結果概要

  評価基準に基づいて総合的に評価し、合計点が60点以上の6プロジェクトを選考しました。

プロジェクト数(用途数)事業主体数
応募7(3)7
選考結果6(3)6

(参考1) 応募事業主体(代表事業者)の状況

区分内容事業者数
所在地別神奈川県

5者

東京都

1者

兵庫県

1者

資本金額別1億円以上

1者

1,000万円以上1億円未満

5者

1,000万円未満

1者

(参考2)  用途別事業主体数及び出力計

提案された用途事業主体数出力計
応募選考応募選考
①折板屋根や波型スレート屋根等への設置

7者

6者

4,326kW3,906kW
②建物の壁面への設置

1者

1者

132kW

132kW
③その他用途への設置

1者

1者

7kW

7kW
合計

4,465kW

4,045kW

 (参考3) 全体の事業費及び補助申請予定額(補助限度額5.8億円)

全体の事業費補助申請予定額
提案時1,938,647千円627,297千円
採択時1,783,369千円577,671千円

2 選考結果

(プロジェクト1) 

代表事業者 エコホールディングス株式会社(兵庫県)
用途

①折板屋根や波型スレート屋根等への設置

②建物壁面への設置

③その他用途の設置

使用する太陽電池

a超軽量太陽電池モジュール「ライトジュール」/旭硝子(株)製

b超軽量太陽電池モジュール「希」/フジプレアム(株)製

c超軽量フレキシブルCIGS太陽電池モジュール「PowerFLEX」/グローバルソーラーエナジー社製

d有機太陽電池/三菱化学(株)製

e採光型太陽光発電モジュール「SUDARE」/旭硝子(株)製

設置予定対象施設工場等の屋根、壁面など
計画発電容量計1646.14kW
採択額309,308千円

(プロジェクト2) 

代表事業者 AGCテクノロジーソリューションズ株式会社(川崎市)
用途

折板屋根や波型スレート屋根等への設置

使用する太陽電池

超軽量太陽電池モジュール「ライトジュール」/旭硝子(株)製

設置予定対象施設工場等の屋根
計画発電容量計672.3kW
採択額71,433千円
 

(プロジェクト3) 

代表事業者 株式会社古川(小田原市)
用途

折板屋根や波型スレート屋根等への設置

使用する太陽電池

CIS薄膜化合物太陽電池/ソーラーフロンティア(株)製

設置予定対象施設商業施設の屋根
計画発電容量計49.5kW
採択額5,259千円
 

(プロジェクト4) 

代表事業者 株式会社小川建築事務所(横須賀市)
用途

折板屋根や波型スレート屋根等への設置

使用する太陽電池

超軽量太陽電池モジュール「ライトジュール」/旭硝子(株)製

設置予定対象施設体育館等の屋根
計画発電容量計330kW
採択額31,650千円
 

(プロジェクト5) 

代表事業者 株式会社yamadera(横浜市)
用途

折板屋根や波型スレート屋根等への設置

使用する太陽電池

超軽量太陽電池モジュール「希」/フジプレアム(株)製

設置予定対象施設工場等の屋根
計画発電容量計713.01kW
採択額99,821千円
 

(プロジェクト6) 

代表事業者 大和ハウス工業株式会社(東京都)
用途

折板屋根や波型スレート屋根等への設置

使用する太陽電池

超軽量太陽電池モジュール「希」/フジプレアム(株)製

設置予定対象施設倉庫の屋根
計画発電容量計634.5kW
採択額60,200千円

【参考】

○ 評価項目、配点、評価の視点

評価項目配点評価の視点

プロジェクトの事業主体

10

○提案者は、プロジェクトの円滑な実施が見込まれる経営基盤やノウハウ等を有しているか

○プロジェクトを円滑に実施できる体制を有しているか

設置工事事業者

10

○県内に事務所を有する中小企業者が積極的に参加しているか

使用する薄膜太陽電池

10

○発電効率や耐用年数等の性能は確保されているか

新たな用途の開発等

30

○複数の用途や施設などに導入するなど、波及効果が期待できるか

○設置する施設等は、多くの人の目に触れるなど、PR効果が期待できるか

○将来の普及拡大に向けて広報などの取組が実施されるか

発電システム価格の低下

15

○将来の普及拡大に伴い価格の低下が見込まれるか

○価格の低下を図る合理的な方法が工夫されているか

プロジェクトの実施計画

25

○薄膜太陽電池を設置する施設等が確定しているか(施設等所有者の意思決定の確度は高いか)

○プロジェクトの事業費が適切に算定されているか

(問い合わせ先)
  神奈川県産業労働局エネルギー部地域エネルギー課
  • 課長
  • 天野
  • 電話 045-210-4101
  • 太陽光発電グループ
  • 岸川
  • 電話 045-210-4090
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。