アミノインデックス®をME-BYO BRANDに認定! ―未病を手軽に早期発見!―

掲載日:2015年8月17日
平成27年8月17日
記者発表資料

  県は、未病産業の創出に向け、今年5月から、未病産業関連の優れた商品・サービスを「ME-BYO BRAND」として認定する制度をスタートさせました(別紙参照)。

 このたび、味の素株式会社の「アミノインデックス®」を、ME-BYO BRANDとして認定しましたのでお知らせします。

 アミノインデックス®は、早期がんや生活習慣病などのリスクを少量の採血で評価することが可能となり、未病の段階から体の状態を手軽に知るなど、「未病の見える化」が期待できることから、県が認定したものです。

 県では、今後同社と連携して、地方創生交付金の活用などにより、アミノインデックス®の普及を図っていきます。

※  国の地方創生交付金(地域消費喚起・生活支援型交付金)を活用し、県民の方々が未病(ME-BYO)に関する商品やサービスを割引価格で購入可能となる県の事業(http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0121/me-byo/

【アミノインデックス®について】

 少量の採血で血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする2種類(AICS及びAIMS)の解析サービスの総称です。

【AICS(アミノインデックス®・がんリスクスクリーニング)】

 がんであるリスクを評価する検査です。8月24日より、従来の6種類のがんに加え、早期発見が難しい「膵臓がん」についてもリスクスクリーニング検査が可能となります。

※胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮・卵巣がん(女性のみ)

【AIMS(アミノインデックス®・メタボリックリスクスクリーニング)】

 栄養状態と生活習慣に起因する複数のリスクを評価する全く新しい検査で、現在医療機関を限定して販売されています。なお、AIMSは平成26年度の未病産業研究会のモデル事業として実施されました。

※栄養不足のリスク、内臓脂肪蓄積リスク、脂肪肝リスク、食後高インスリンリスク

別紙 ME-BYO BRAND認定制度の概要 [PDFファイル/6KB]

(問合せ先)
神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局
  • 未病産業・ヘルスケアICT担当課長 兄内
  • 電話 045-210-2710
  • 健康・未病産業グループリーダー  中尾
  • 電話 045-210-2715

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。