ベンチャー支援機関を決定

掲載日:2015年8月5日
平成27年8月5日
記者発表資料

 神奈川県では、競争力ある成長産業の振興を目指して、エネルギー・ライフサイエンスなど成長分野のベンチャーを支援する「事業者支援機関」を選考しました。
 この支援機関による技術・経営面などの全面バックアップにより、県内経済を牽引するベンチャーの成長を後押しします。


支援機関:株式会社さがみはら産業創造センター

支援するプロジェクト(3件)

事業実施者/株式会社スリーダム

リチウムイオン電池のエネルギー密度を高め、寿命を延ばしたい

長寿命・高エネルギー密度化の特性を損なわず量産化を実現するための新構造セパレータの技術開発!

プロジェクト名【リチウム二次電池用新構造セパレータの強度向上技術の開発】

事業実施者/コロンバス精機株式会社

生活支援ロボットの開発企業に、安くて高機能な部品を紹介したい

生活支援ロボットなどに搭載可能な、低価格・高機能で汎用性の高い組込み型モーター制御ユニットを、展示会での実演や対面説明により、販路を開拓する!

プロジェクト名【生活支援ロボット向けモーター用アンプ・コントローラの販路開拓】

事業実施者/株式会社HOYEN

食品廃棄物を効率よく再資源化したい

低価格かつ薬剤を使用しない環境対応型オゾン式の水質浄化システムを開発する!

プロジェクト名【オゾンナノバブルを用いた食品廃棄物リサイクル装置向け水質浄化システムの開発】


支援機関:公益財団法人神奈川産業振興センター

支援するプロジェクト(1件)

事業実施者/株式会社ディサプライング

電源コードのないバリアフリーな生活環境を実現させたい

安価な充電2次電池を利用した高出力小型急速充電システムの開発とワイヤレスな電力伝送装置の商品化を目指す!

プロジェクト名【バリアフリーな未来を実現する非接触電力伝送技術と蓄電システムを活用した製品の開発】


支援機関:株式会社ケイエスピー

支援するプロジェクト(2件)

事業実施者/株式会社サイキンソー

炎症性腸疾患など、腸内の疾患を早期に発見したい

腸内細菌バランスの研究体制の構築と検査キットの開発!

プロジェクト名【腸内細菌マイクロバイオーム検査による疾患早期鑑別法の開発】

事業実施者/株式会社LIKE TODOJAPAN製薬
 健康長寿の手助けとなる乳酸菌を用いた食品を届けたい

老化抑制・健康長寿が期待できる乳酸菌素材を主原料にした、健康長寿のための機能性食品を開発する!

プロジェクト名【健康長寿をサポートする機能性食品の臨床研究と商品化】


支援機関:公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団

支援するプロジェクト(3件)

事業実施者/株式会社A-LIFE
 不妊で悩む人たちに機能性食品を届けたい

医療機関と共同で開発する、「男性の無精子症・精子欠乏症の改善」「女性の子宮内膜の状態改善」「妊婦の高血圧症候群予防」のための新規機能性食品の開発!

プロジェクト名【アルギニン・葉酸を含有した「不妊」「リスク妊婦」に有効な新規機能性食品の開発】

事業実施者/SCIVAXライフサイエンス株式会社
 がん細胞の特性を見抜き、治療の効果を飛躍的に高めたい

抗がん剤創薬、再生医療に必要不可欠な高機能型3次元細胞培養プレートの開発・販売!

プロジェクト名【高機能型3次元培養プレートの開発・販売】

事業実施者/株式会社バイオメッドコア
 がん細胞の診断と同時に治療を行うことで、患者への負担を軽くしたい

リポソーム製剤を腫瘍組織に分布させることで、がん細胞の場所を特定!同時に抗がん剤を内包することにより診断と同時に治療もできる、癌の新しい診断治療法のためのリポソーム製剤製造法の開発!

プロジェクト名【臨床検査施設内で供給する安定で高品質な造影用リポソーム製剤の開発】

 

「平成27年度 成長産業育成支援事業」について(参考)

1.事業概要

 神奈川の経済をより活性化し雇用を拡大させるため、エネルギー関連、ライフサイエンスなど成長分野のベンチャー・プロジェクトへの支援を、県内の事業者支援機関へ、公募・選考の上、委託します。

2.公募対象者

 以下の要件を満たす、神奈川県内に本社を置く事業者支援機関

 (1) 成長分野におけるベンチャー支援の実績があること。

 (2) 支援の対象地域が県内の市町村域を越えて可能なこと。

 (3) 本事業が対象とするベンチャー・プロジェクトへの支援を行うこと。

3.本事業の対象となる事業者支援機関による支援内容

 (1) 試作化支援

  エネルギー又はライフサイエンス分野のベンチャー・プロジェクトにおける試作化(試作開発等)への支援

 (2) 製品化・商品化支援

  創薬や環境関連分野などで試作化後、商品化までに3年以上を要するベンチャー・プロジェクトにおける製品化及び商品化への支援

 (3) 販路開拓支援

 エネルギー、ライフサイエンス、環境又はロボット分野のベンチャー・プロジェクトにより開発した商品の販路開拓への支援

4.委託先、委託限度額

 (1) 委託先 4機関程度

 (2) 1機関あたりの委託限度額  1,500万円

    (問合せ先)

     神奈川県産業労働局産業部産業振興課
    • 課長 依田
    • 電話 045-210-5630
    • 新産業振興グループ 長沢
    • 電話 045-210-5636
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。