第8回「神奈川県バリアフリー街づくり賞」の表彰候補者を募集します

掲載日:2015年7月31日
平成27年7月31日
記者発表資料

○ 県では、誰もが自らの意思で自由に移動し、社会に参加することができるバリアフリー・ユニバーサルデザインの街づくりを推進するため、平成20年度より、バリアフリーの街づくりに関し、他の模範となる施設整備や活動を表彰する「神奈川県バリアフリー街づくり表彰」を実施しています。

○ この度、次のとおり第8回目の表彰候補者を募集しますので、お知らせします。

1 表彰の対象

(ハード部門)
 神奈川県内に所在し、平成22年4月1日以降に、「神奈川県みんなのバリアフリー街づくり条例」に適合している施設を新たに整備した者(設置者、設計者又は施工者)

(ソフト部門)
 バリアフリーの街づくりの推進や心のバリアフリーの普及に貢献したと認められる活動を、平成27年4月1日現在で、原則として2年以上行っている団体又は個人

2 応募方法

  • 推薦・応募書に必要事項を記入し、必要書類を添えて応募先に郵送又は直接、地域福祉課に提出してください。
  • 自薦、他薦は問いませんが、他薦の場合は表彰候補者の同意を、また、ハード部門の場合は施設の設置者、設計者及び施工者の同意を得てから応募してください。なお、提出書類はお返しできません。

3 締切

    平成27年9月11日 金曜日 (郵送の場合、当日消印有効)

4 審査及び表彰

  • 審査会での審査を経て、知事が受賞者を決定し、表彰します。
    (表彰式は平成28年1月から2月を予定)

※ 推薦・応募書のダウンロード、そのほか詳細につきましては、次のホームページをご覧ください。
   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6880/p665060.html

【参考】第7回神奈川県バリアフリー街づくり賞の主な受賞事例

愛川町健康プラザ(ハード部門)

設計図面にバリアフリーチェック項目を記入するなど、利用者の安全・分かりやすさにきめ細かく配慮した地域の保健活動施設

【被表彰者】・愛川町(設置者)
      ・株式会社小林建築事務所(設計者)
【所在地】  愛川町

 施設の外観
 分かりやすい動線と開放感のあるエントランスホール

      <施設の外観>              <分かりやすい動線と開放感のあるエントランスホール>

ふれあい交流会 街並み点検(ソフト部門)

生活道路を中心に街並みを点検するとともに、交代で車いす体験を行うことにより、道路のバリアフリー化や地域での支え合いなど、誰にもやさしい街づくりを実現

【被表彰者】 光が丘地区社会福祉協議会(相模原市)

 「街並み点検」の様子
 「街並み点検」の振り返り

     <「街並み点検」の様子>                  <「街並み点検」の振り返り>

(問い合わせ先)
神奈川県保健福祉局福祉部地域福祉課
  • 課長 松岡
  • 電話 045-210-4740
  • 副課長 圓道
  • 電話 045-210-4741
  • ファクシミリ 045-210-8857

 

神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 福祉部 地域福祉課 です。