児童養護施設の児童等をボリショイサーカスにご招待いただきます

掲載日:2015年7月24日
平成27年7月24日
記者発表資料

 神奈川県遊技場協同組合及び神奈川福祉事業協会では、県を通じて、県内の児童養護施設の児童や特別支援学校の生徒等を2015国立ボリショイサーカスにご招待いただきます。

 また、御芳志に感謝するため、感謝状の贈呈を行います。

1 寄贈者

  神奈川県遊技場協同組合 理事長 伊坂 重憲(しげのり)

  神奈川福祉事業協会    会長   伊坂 重憲

  (神奈川福祉事業協会は、神奈川県遊技場協同組合の社会貢献活動実践団体です。)

2 寄贈品目

  2015国立ボリショイサーカス横浜公演の招待券 2,700枚

   〔内訳〕

    乳児院・児童養護施設の児童等 1,550名

    特別支援学校の生徒と保護者  1,150名

3 感謝状贈呈式

 ○ 日時   平成27年7月31日(金曜日)13時40分から

 ○ 場所   横浜文化体育館(当日のサーカス公演前)

 ○ 出席者

    寄贈者   神奈川県遊戯場協同組合理事長 伊坂 重憲

          神奈川福祉事業協会会長    伊坂 重憲

    ボリショイサーカス団長 アレクサンドル・アグルツォフ

    県     黒岩知事

4 備考

 ○ ボリショイサーカス招待事業は、昭和60年の神奈川福祉事業協会発足当初から続けられており、これまでの招待者数は30年間で延べ57,600名です。

 ○ 平成21年度から24年度は毎年1,500名、25年度は1,700名を招待していただきました。26年度は招待事業30回を記念して貸切公演として2,700名をご招待いただき、今年度も同様のご招待をいただくこととなりました。

(問合せ先)
神奈川県県民局次世代育成部子ども家庭課
  • 課長
  • 小島
  • 電話 045-210-4650
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 次世代育成部 子ども家庭課 です。