神奈川県立汐見台病院の移譲先を決定しました

掲載日:2015年7月17日
平成27年7月17日
記者発表資料

 神奈川県立汐見台病院については、平成27年度末の指定管理期間終了後、総合病院として存続することを前提に、県以外の設置・運営主体に移譲することとしています。

 平成27年4月に募集要項を公表して移譲先事業者を募集し、応募のあった事業者のうち、募集要項に掲げる条件を満たす4事業者の審査を行い、次のとおり移譲先を決定しましたので、お知らせします。

1 移譲先法人

   医療法人社団 康心会 (法人所在地:茅ケ崎市茅ケ崎2丁目2番3号)

2 選定理由

○募集要項に掲げた移譲の条件を満たす提案を行い、神奈川県立汐見台病院移譲先選定委員会で最も高い評価を受け、候補者に選定された。

○選定委員会において、特に高い評価を受けた点は次のとおり。

  ・「診療機能」については、精神科等の診療科を新設する計画、回復期リハ病棟や地域包括ケア病棟の計画、「二次救急拠点病院B」を目指すという救急医療に対する考え方が、地域の医療ニーズに的確に応えた現実的な提案である。

  ・「医師・看護師の確保」については、自らのグループで医療関連教育機関を運営している。また、県内の複数の医療系大学とつながりがあり、医師・看護師の確保が確実に見込める。

  ・「産科医療」については、横須賀三浦地区からの受入れについても言及しており、汐見台病院の産科医療の現状を踏まえた提案である。

  ・「収支計画」については、収支の根拠が明確であり、エネルギー棟の建設計画等、具体的な修繕計画が作成されている。

  ・全体的に実現可能性の高い内容で、地域の医療ニーズや地元の要望を的確に把握しており、移譲後も堅実な病院運営が期待できる提案である。

○県として、選定委員会の選定結果が適正であると認められ、また、移譲後も移譲の条件が確実に実施されることが期待できるなど、提案内容が県立病院の移譲先としてふさわしいと認められる。

3 神奈川県立汐見台病院移譲先選定委員会の評価結果等について

別紙 神奈川県立汐見台病院移譲先選定委員会の評価結果 [PDFファイル/146KB]のとおり

4 今後のスケジュール

平成27年8月   病院引継ぎ開始、移譲先と基本協定締結

平成27年9月   県議会に引継ぎ状況等を報告

平成27年11月   県議会に条例廃止議案を提出

平成28年2月   県議会に補正予算議案を提出

平成28年4月   移譲先による病院運営開始

 

【参考1】移譲先法人の概要

法人名

医療法人社団 康心会

所在地

神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎2丁目2番3号

代表者

理事長 大屋敷 芙志枝

職員数

常勤1,681人(うち医師104人、看護師465人)(平成27年4月1日現在)

運営施設数

病院7、老健5、診療所3、など計32

県内の病院

湘南東部総合病院等

※ 同法人を中心とする「ふれあいグループ」は、同法人の他に5つの医療法人、1つの社会福祉法人、1つの学校法人から構成され、78の事業を展開している。

 

【参考2】移譲先以外の応募者

(五十音順。別紙の評価点の順位とは無関係。)

医療法人社団 葵会

医療法人社団 さがみ野中央病院

医療法人社団 緑野会

 

<参考資料1> 神奈川県立汐見台病院の概要 [PDFファイル/125KB]

<参考資料2> 神奈川県立汐見台病院の移譲の条件 [PDFファイル/165KB]

<参考資料3> 神奈川県立汐見台病院移譲先選定委員会について [PDFファイル/129KB]

 

 

(問合せ先)
神奈川県保健福祉局保健医療部県立病院課
  • 課長 橋本
  • 電話 045-210-5040
  • 調整グループ 太田
  • 電話 045-210-5043

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 県立病院課 です。