神奈川の電力需給対策取組指針(2015年度夏季)を策定しました

掲載日:2015年6月25日
平成27年6月25日
記者発表資料

神奈川の電力需給対策取組指針(2015年度夏季)を策定しました

~電力消費量と電力需要ピークの抑制に向けた県民総ぐるみの取組指針~

 神奈川県では、電力需要が増加する夏季と冬季に節電の取組を促進するため、「神奈川の電力需給対策取組指針」を策定し、県民総ぐるみの運動として節電を呼びかけてきました。

 また、平成26年4月に策定した「かながわスマートエネルギー計画」では、県内の年間電力消費量を2010年度比で2030年度までに15%削減するという目標を掲げており、この目標の達成に向け、引き続き夏季と冬季の「神奈川の電力需給対策取組指針」を策定し、節電の目安や具体的な取組を示すことにより、県民や事業者の一層の節電意識の向上を図ることとしています。

1 節電の目安(2015年度夏季<7月~9月>) 

節電の目安は、いずれも昨年度の夏季の実績と同水準以上を目指すことにし、

① 電力消費量は、2010年度比で18.7%以上の削減を目安とします。

② 電力需要ピークは、2010年度比で17.3%以上の削減を目安とします。

 〇県内の夏季の電力消費量と電力需要ピークの年度別推移

夏季の電力消費量夏季の電力需要ピーク

2 取組期間

  2015年7月1日(水)から9月30日(水)までの平日(8月13日(木)及び14日(金)を除く)の9時から20時まで

3 家庭や事業所等における取組

(1)  家庭における取組

  ア 節電・省エネ行動の積極的な実践
  イ 節電相談の活用
  ウ 住宅の省エネ化の促進
  エ 太陽光発電設備や家庭用燃料電池(エネファーム)等の導入

(2) 事業所における取組

  ア 業態に応じた節電・省エネ対策
  イ 省エネ相談・省エネ診断の活用
  ウ 事業所の省エネ化の推進
  エ ガスコージェネレーションシステムや太陽光発電設備等の導入

神奈川の電力需給対策取組指針(2015年度夏季) [PDFファイル/2.16MB]

(問い合わせ先)

【下記以外】
 神奈川県産業労働局 エネルギー部地域エネルギー課
   課 長           天野 電話045-210-4101
   調整グループ       柳田 電話045-210-4076

【3(1)ア、イ及び(2)ア、イ】
 神奈川県環境農政局 環境部環境計画課
   課 長            村岡 電話045-210-4050
   副課長            清水 電話045-210-4052

【3(1)ウ、エ及び(2)ウ、エ】
 神奈川県産業労働局 エネルギー部スマートエネルギー課
   課 長           村上  電話045-210-4130
   スマート化グループ   佐藤  電話045-210-4115

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 エネルギー課 です。