「神奈川らくらく介護宣言」を発表!ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)100台を介護等施設に試験導入!

掲載日:2015年6月12日
平成27年6月12日
記者発表資料

~「人の力のみで抱え上げない介護・看護」と「ロボット技術を活用した新しい社会システム」を目指して~

 県では、介護・看護職員の負担軽減や質の高いケアを提供するため、本日、人の力のみで抱え上げない介護・看護の理念や技術の普及などを行う、「神奈川らくらく介護宣言」を発表しました。

 あわせて、介護現場に最先端ロボット技術を導入し、職員の負担や将来の腰痛リスクを軽減することで職場の定着率の向上とロボットの社会実装・新しい社会システムの構築を目指す「職場処遇改善コンサルティング支援事業」として、本日より県内30箇所の介護等施設に、最先端のロボットスーツ「HAL®介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を順次開始しました。

 横浜市内の介護施設「芙蓉苑」で行った発表イベントには黒岩知事が参加し、「神奈川らくらく介護宣言」とロボットスーツHALの導入について自ら発表を行いました。

(添付資料)

1 神奈川らくらく介護宣言 [PDFファイル/154KB]

2 ロボット活用による職場処遇改善コンサルティング支援事業の概要 [PDFファイル/47KB]

3 ロボットスーツ「HAL®介護支援用(腰タイプ)」試験導入施設一覧 [PDFファイル/7KB]

(問い合わせ先)

「神奈川らくらく介護宣言」について
 保健福祉局高齢社会課長 笹島 電話(045)210-4830
 企画グループリーダー  小森 電話(045)210-4835

ロボットスーツHALの試験導入について
 ヘルスケア・ニューフロンティア推進局
 ライフイノベーション担当課長 足立原 電話(045)285-0038
 最先端医療産業グループリーダー  前田  電話(045)285-0187

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 です。