県立特別支援学校の宿泊学習における入浴中の写真の撮影と授業での使用について

掲載日:2015年6月5日
平成27年6月5日
記者発表資料

1 事案の概要

  平成27年5月に県立特別支援学校が、横浜市内で行った宿泊学習の際、ボランティアで手伝っていた他校の男性教諭(47歳)が、男子生徒1名の入浴中の写真を撮影した。翌々週の6月1日(月曜日)に行った事後学習の中で、担任の教諭等が、クラスの生徒12名と教員10名の前で、宿泊学習中の写真を教室内の大型テレビで映写した。この中に当該写真が含まれていた。

2 対応

  学校長が、当該生徒及び保護者に謝罪するとともに、本日、学校で臨時の保護者会を開催し、保護者全員にこれまでの経過と今後の再発防止について説明した。

  また、二度とこのようなことが起きないよう、6月9日(火曜日)に開催する県立学校長会議特別支援学校部会において、全ての県立特別支援学校の校長に対し、注意を喚起するとともに、再発防止を徹底する。

教育長謝罪文 [PDFファイル/76KB]

(問合せ先)
神奈川県教育局支援部特別支援教育課
  • 課長   
  • 横澤
  • 電話 045-210-8214
  • 副課長
  • 大野
  • 電話 045-210-8215

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 特別支援教育課 です。