県管理の「国道一号箱根湯本道路施設」が国指定重要文化財(建造物)に指定されます

掲載日:2015年5月15日
平成27年5月15日
記者発表資料
(県政・小田原記者クラブ同時発表)

 本県が管理する足柄下郡箱根町の「国道一号箱根湯本道路施設」が、平成27年5月15日(金曜日)に開催された国の文化審議会(会長:宮田 亮平)文化財分科会の審議・議決を経て、新たに国の重要文化財(建造物)に指定するよう文部科学大臣に対して答申されました。

 指定される道路施設は、函嶺洞門、千歳橋、旭橋の3つの施設です。

 県としては、今後、箱根町と連携し積極的に保存と活用に取り組んでまいります。

 今回の新規指定により本県の国指定重要文化財(建造物)は、累計で54件(国宝を含む。)となります。

 なお、本件につきましては、国(文化庁)のほか、箱根町においても発表されます。

国道一号箱根湯本道路施設(こくどういちごうはこねゆもとどうろしせつ)

    函嶺洞門、千歳橋、旭橋(かんれいどうもん、ちとせばし、あさひばし)

所有者  神奈川県

年 代  函嶺洞門:昭和6年、千歳橋:昭和5年、旭橋:昭和8年

数 量  3基

特徴等  国道一号箱根湯本道路施設は、箱根山の東麓に位置する道路施設で、函嶺洞門、千歳橋、旭橋で構成されて

            いる。

               函嶺洞門は、関東大震災によって崩壊した断崖の直下に築かれた鉄筋コンクリート造の落石防護施設である。

               千歳橋と旭橋は、鉄筋コンクリート造単アーチ橋であり、軟弱地盤を考慮し、基礎への負担を軽減できる

            タイドアーチ形式を採用している。

               国道一号箱根湯本道路施設は、自動車交通に対応した我が国初期の幹線道路施設で、国道一号の険路であっ

        た箱根路の近代化を象徴する施設として、近代道路史上、価値が高い。また、高度な鉄筋コンクリート技術を

            駆使して建設された我が国初期の洞門とタイドアーチ橋で、昭和初期における道路構造物の技術的達成度を示す

      遺構として重要である。

基 準  国宝及び重要文化財(建造物)指定基準2号及び3号(技術的に優秀なもの、歴史的価値の高いもの)

参考資料:国道一号 函嶺洞門・旭橋・千歳橋 の概要 [PDFファイル/247KB]
(問合せ先)

 【重要文化財への指定に関すること】
 神奈川県 教育委員会教育局 生涯学習部 文化遺産課
  • 課長
  • 江藤
  • 電話  045-210-8350(直通)
  • 世界遺産登録推進グループ
  • 谷口
  • 電話  045-210-8359(直通)
 
【施設の概要・管理に関すること】
 神奈川県 県土整備局 道路部 道路管理課
  • 課長
  • 荒井
  • 電話  045-210-6350(直通)
  • 維持防災グループ
  • 小山
  • 電話  045-210-6362(直通)
  神奈川県 県西土木事務所小田原土木センター 道路維持課
  • 課長
  • 中丸
  • 電話  0465-34-4141(代表)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 生涯学習部 文化遺産課 です。