豚流行性下痢(PED)の発生について(確定診断の結果)

掲載日:2015年4月22日
平成27年4月22日
記者発表資料

豚流行性下痢(PED)の発生について(確定診断の結果)

 平成27年4月20日に発表した「豚流行性下痢(PED)を疑う事例」について、確定診断(免疫組織化学検査※1)の結果、PEDと確定しました。

※1 免疫組織化学検査:特殊な染色法により、病変部(腸管)に病原体(PEDウイルス)が存在することを顕微鏡で確認する検査法

 

1 発生農場の概要及び経過(平成27年4月22日現在)

農場

横浜地域1農場

飼養頭数(4月20日時点)※2

342頭

発生頭数

 61頭

うち死亡頭数

 34頭

疑い事例の確認(遺伝子検査)

4月20日

確定診断(免疫組織化学検査)

4月22日

※2 4月20日時点で既に死亡していた哺乳豚32頭は含まない。

 

2 県の対応

(1)引き続き当該農場に対し、治癒するまで豚の移動自粛を要請するとともに、豚舎消毒等の徹底、出入車両の消毒の徹底等を指導。

(2)発生原因と感染経路について調査を実施中。

 

3 その他

・ 現時点では他の農場にPEDを疑う事例はありません。

・ 本病は豚特有の病気であり、人に感染することはありません。

・ 口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザのような殺処分を要する家畜伝染病ではなく、治癒した豚は通常どおり出荷が可能です。

 

 【 報道機関へのお願い 】

農場等への取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むようお願いします。

(問合せ先)
神奈川県環境農政局農政部畜産課
  • 課長
  • 石田
  • 電話 045-210-4500
  • 安全管理グループ
  • 荒木
  • 電話 045-210-4518
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 農政部 畜産課 です。