平成26年度、神奈川県動物保護センターに収容された犬と猫の殺処分がゼロになりました

掲載日:2015年4月16日
平成27年4月16日
記者発表資料

 神奈川県では、動物保護センターに収容された犬の殺処分が、平成25年度にゼロになったことを受け、昨年5月に犬の殺処分ゼロ継続を宣言し、ボランティアの皆さんと協働し、取組みを進めてきました。
 この結果、平成26年度も、同センターに収容された犬の殺処分ゼロを継続することができ、さらに、同センターに収容された猫についても、初めて殺処分がゼロとなりました。

 県動物保護センターが所管する区域(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市及び藤沢市を除く県全域)での実績です。保管中に死亡した犬・猫を除きます。

   今後も、引き続き犬や猫の殺処分ゼロを目指し、収容数の減少、譲渡及び返還の推進に取り組んでまいります。

※ 神奈川県では、道路などの公共の場所で、病気になっていたり交通事故などでケガをしている猫については、その収容や治療などを(公社)神奈川県獣医師会に委託しています。このうち、瀕死の状態で治癒が望めない猫などについては、やむを得ず、安楽死処置をしています。
                                  (平成26年度に安楽死処置した猫 103匹)

  ※ 県民の皆さんへのお願いを、次ページに掲載しています。 [PDFファイル/133KB]

(問合せ先)

    神奈川県保健福祉局生活衛生部食品衛生課
     課 長       久島 045-210-4932
     副課長       和田 045-210-4933           
             ファクシミリ 045-210-8864

    

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 生活衛生部 食品衛生課(平成27年度旧所属名) です。