その話、悪質商法かも・・・ -「悪質商法目安箱」を開設します-

掲載日:2015年5月14日
平成27年5月14日
記者発表資料

その話、悪質商法かも・・・
-「悪質商法目安箱」を開設しますー

 神奈川県では、訪問販売や電話勧誘販売等による不当な取引行為を行う事業者に対し、特定商取引に関する法律等に基づく事業者指導を実施しています。
 県内の消費生活相談窓口に寄せられる、訪問販売等の特殊販売に関する苦情相談は、平成25年度は35,339件で、前年度比12%増といった状況にあります。
 そこで、悪質事業者に関する情報収集を幅広く行い、事業者指導をより一層進めるため、「悪質商法目安箱」を新たに開設することとしました。
 少しでも不審に思ったり、おかしいと感じた場合は、是非、通報ください。

1 開始日

   平成27年5月14日(木曜日) 13時30分から

2 通報方法

   県ホームページ上の専用ページから、事業者に関する情報を通報していただきます。
     URL:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532147/

3 通報いただく内容

   通報にあたっては、事業者名、勧誘を受けた場所・手段、具体的な内容(悪質だと感じた勧誘方法等)、
  通報者氏名、連絡先等を入力していただきます。
   悪質商法目安箱に関するお問い合わせ先は以下のとおりです。
    ・神奈川県県民局くらし県民部消費生活課指導グループ
     (045)312-1121 内線2630-2633

4 その他

(1)お寄せいただいた情報は、法令に基づく事業者指導の実施に役立てます。

(2)通報いただいた内容の詳細な状況等をお尋ねすることがあります。

(3) 契約の解約や返金等のご相談については、従来どおり、次の消費生活相談窓口でお受けします。
    ・消費者ホットライン 0570-064-370
    ・かながわ中央消費生活センター (045)311-0999
  ※ 悪質商法目安箱は、相談窓口ではありませんが、必要な場合、適切な相談窓口につなげます。

<参考:不当な取引行為の例>

★「屋根の無料点検に来た。」と言って訪問し、点検後に「このままでは雨漏りする。」などと不安をあおって補修工事の
 勧誘を行う。

★駅前で「美容に関するアンケートに答えて欲しい。」と声をかけて店舗に誘導した後、複数の営業員で囲みながら、
 長時間にわたって高額な化粧品の勧誘を行う。

★「お金がないし、家族に相談したい。」と契約を迷っている消費者に、「お金は消費者金融で借りればいい。どうしても
 今日決めて欲しい。」と言って執拗に勧誘を続ける。

問い合わせ先

神奈川県県民局くらし県民部消費生活課

課          長  渡邉     (045)312-1121内線2610

指導グループ  山崎     (045)312-1121内線2630

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 消費生活課 です。