PM2.5測定機の異常による高濃度予報(誤報)について

掲載日:2015年4月3日
平成27年4月3日
記者発表資料

PM2.5測定機の異常による高濃度予報(誤報)について

 県では、大気汚染物質である微小粒子状物質(PM2.5)が、高い濃度になる場合に備え、朝及び昼の1日2回、高濃度予報の判定を行い公表しています。

 本日正午過ぎ、高濃度予報を行いましたが、PM2.5測定機の異常によるものであることが判明したため、直ちに訂正したことをお知らせします。

1 原因

 ・ 川崎市が所管する高津区生活文化会館の測定値が、12時に異常値を示したため

  ※ 昼の高濃度予報の注意喚起は、5時から12時までの8時間の平均値が80μg/m3を超えた

   場合に行うが、当該局の12時の測定値が1,026μg/m3と異常な値となり判定基準を超えた。

 ・ 当該測定機の異常の原因については、川崎市が調査中

2 異常値による注意喚起を表示していた時間

 ・ 本日、12時20分から12時50分までの30分間

 

3 対応

・ 県ホームページは、12時50分に訂正済み

・ 県内市町村に誤報であったことを連絡済み

(問い合わせ先)
神奈川県環境農政局環境部大気水質課
  •  課      長  小林   電話 045-210-4120
  •  大気環境グループ   五本木  電話 045-210-4111
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 大気水質課 です。