ロボット実証実験実施結果報告会等を開催します!

掲載日:2014年2月5日
平成26年2月5日
記者発表資料

さがみロボット産業特区   

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組によって、生活支援ロボットの実用化を通じた地域の安全・安心の実現を目指しています。これまで、「公募型『ロボット実証実験支援事業』」と特区の重点プロジェクトを合わせて、15件のロボット実証実験を行いました。また、2月中に1件の実験を予定しています。

このたび、「かながわロボットミーティング」を開催し、セミナー等と併せて、全ての実証実験の結果報告を行いますので、お知らせします。

※ 重点プロジェクト:早期実用化によって普及の起爆剤となる案件を重点プロジェクトとして位置付け、実現プランを作成して支援を行っています。(現在12件。今年度はこのうち9件について実証実験を実施。)

◎「かながわロボットミーティング」実施概要  

1日  程 

平成26年2月28日(金曜日) 10:00から17:10

2会  場

厚木商工会議所(本厚木駅北口から徒歩10分) 5階大会議室

3対 象 者 

生活支援ロボット関連企業の方、介護施設の方等

4内  容 

 第1部(10:10から11:10) ロボットセミナー 「人の役に立つロボットの創造」

【講師】株式会社ハイボット取締役CTO 広瀬 茂男氏

【内容】ロボットの開発事例の紹介、創造的なロボット開発の方法論など

 第2部(11:20から12:00)「ロボット実証実験実施結果報告会1」

「災害対応」分野のロボット実証実験の実施結果報告〔3件〕

無人走行する災害状況遠隔調査車両
                                               無人走行する災害状況遠隔調査車両

 第3部(12:50から14:30)「介護ロボットシンポジウムin厚木2014」

【基調講演】「超高齢社会を支える介護ロボット」

【講師】株式会社ニッセイ基礎研究所 准主任研究員 青山 正治氏

【内容】実証試験等を通じた開発企業と介護施設等の対話・協働の重要性など

  この他、介護ロボット導入事例を紹介します。

 第4部(14:40から17:10)「ロボット実証実験実施結果報告会2」

「介護・医療」と「高齢者等の生活支援」分野のロボット実証実験の実施結果報告〔13件〕 遠隔操作による超音波診断ロボット


                                               遠隔操作による超音波診断ロボット

5参 加 費 

無料

6申込方法 

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会のホームページから、お申し込み下さい。

http://www.kaigo-robot-kanafuku.jp/

7主  催 

神奈川県

(問い合わせ先)
神奈川県産業労働局産業・エネルギー部産業振興課
  • 課長
  • 高澤
  • 電話 045-210-5630
  • 技術開発推進グループ
  • 櫻井
  • 電話 045-210-5646
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。