相原高校環境課、相模原市が提携 「高校生がデザインした公園が完成」<橋本本町公園が開園>

掲載日:2013年4月5日
平成25年4月5日
記者発表資料

 相原高校(折笠初雄校長、生徒705名)、環境土木科生徒がデザインし、相模原市公園課との連携により設計、造成が進んでいた橋本本町公園がこのほど完成し3月30日土曜日に開園式が執り行われました。環境土木科、石坂十貴江さん、神津麻衣さんが地域住民の意見を参考にデザインした公園が実現した。
 県立相原高校環境土木科では造園計画の授業において公園の設計について、周辺の景観に調和したデザインの考え方やワークショップといった設計手順を学んでいます。この公園の設計は相模原市公園課と連携し、授業の学習成果を生かして環境土木科全生徒116人が取り組みました。立地や材料の構成を考えた力作の中から選ばれた二人の作品を基にデザインされた公園は市内緑区橋本5丁目の橋本駅にほど近く境川に面した閑静な住宅地にあり、境川岸の自然を生かした緑豊かな景観と周辺の住宅に配慮した樹木や花壇がやさしい構図の公園です。中央に配置されたかわいい大きな恐竜の遊具が印象的で、0.13ヘクタールの敷地は北から共同の花壇がある緑と休憩のゾーン、中央部に遊具と遊びのゾーン、南には多目的広場があります。生徒は「子どもが集まりやすく安全に遊ぶことができる、また地域の多くの方が利用できる楽しい公園になれば」と期待しています。
 環境土木科は平成25年度から環境緑地科に変わりますが、この公園の完成は相模原市公園課との連携により生徒の学習の具体的な成果として、県内では例を見ない高い目標を持つことができる画期的な取り組みです。発展を続ける相模原市緑区で今後も地域と綿密に連携し、都市計画を学ぶ生徒たちの教育の交流が広がることを期待しています。

 

(問い合わせ先)
神奈川県立相原高等学校
  • 環境土木科教諭  伊藤 
  • 電話 042-772-0331(代表)
  • 電話 042-772-0262(直通)
    神奈川県

    このページの所管所属は 県央地域県政総合センター です。